ボートで運河クルージング!オランダ・アムステル川をゆく

こんにちは、nasupiです。

先日滞在したアムステルダムで、友人の持つボートに乗って運河クルージングを楽しみました。

クルージングしたのは、アムステルダムの名前の由来ともなっているアムステル川とそれにつながる小さな運河。

アムステルダム内にある無数の小さな運河がこのアムステル川につながり、アイ湾へと流入していきます。

運河から眺めるアムステルダムの街はまた一味違った楽しみ方ができてとても良い経験となりました!

<Sponsored Link>

アムステル川

のどかなアムステル川

アムステル川は13世紀、河口にダムが作られたことにより「アムステルダム」という都市が作られ始めました。

現在でも運河と人々が共存しており、アムステルダムは大都市ながら川の流れのようなどこかのんびりとした雰囲気があります。

運河沿いにはハウスボートが浮かんでいたり。

早朝からカヌーを楽しむ人も多くいます。
このように運河沿いの道路下には、カヌー倉庫が完備。

最寄り岸?からボートに乗り込む

アムステルダム滞在が決まった時から友人が「ボートを持っているので週末にクルージングしよう!」と言ってくれていたので、私はこの日が来るのを楽しみにしていました。そして来たる週末。
ボートの準備ができるまで私たちは家で待機するように言われ、連絡が来てから家から一番近い運河沿いへ。

少しすると、プイーンとボートに乗った友人カップルがこちらに向かってきました。

車を歩道に横付けするかのようなノリでボートを運河沿いに横付けしてくれたので、よいしょと乗り込みます。

「ボート乗り場」のようなちゃんとした場所から乗ると思いきや、運河沿いならどこでも乗り降りできるシステムのようでちとビックリ。

いざ、アムステル川クルージング

小さなボートなので横を大きな船が通ったら少し揺れるものの、川の流れは穏やかなためひどく揺れることもなく安心して乗船していられます。

緩やかに進むボートの両脇には、アムステルダムの可愛い建物が立ち並んでいて見ているだけで楽しい。

小さなボートなら大きな観光船が通れない場所にも行けるので、めちゃめちゃ細い運河を進んだり橋の下は頭を低くしなければならなかったりと、まるでアドベンチャー。

きゃっきゃ言いながらどんどん進みます。

アムステルダム中心地を運河から眺める

細い運河を抜けると、突然開けた場所に出ました。

アムステルダム中心地のようで、先日自転車で通ったアムステルダム中央駅も運河から見えます。

この独特の形の建物は「サイエンス・センターNEMO」というものらしいです。

サイエンスセンターNEMO

このデザインを手がけたデザイナー、関空のデザインも手がけたとのこと。

そして、こちらのビルの上に注目。

見上げると、こんな場所にブランコが!!

乗っているところを想像しただけで足がすくみます。

こちらには大きな豪華客船も停泊中。これからどこへ向かうのかしら…。

ボートを停めランチ兼W杯観戦へ

ぼちぼちお腹が空いたね、ということでボートを横付けして近くのお店へ。

この日はロシアW杯の決勝戦、フランス対クロアチアの試合だったので、パブリックビューイング観戦のため沢山の人でごった返していました。

いつの間にか連絡をしていたようで、友人カップルの友達もどんどん集まってきてワイワイ賑やかな雰囲気。
友人カップルはゲイなのでゲイの友達がたくさん集まりました♪

フランス人サポーターが多かったようで、ゴールが決まるたびに大歓声が。

優勝が決まった時には叫ぶ人や走り回る人、歌う人でとてつもない盛り上がりを見せていました。

アムステル川で泳ぐ!

フランスW杯優勝も相まってか、川に飛び込む人続出!

友人たちも、彼もとびこんでしまったので、私も入らないわけにはいかない。

実は水着をちゃっかり仕込んではいたものの、飛び込む勇気なく結局はしごからゆっくりアムステル川へいざ入水。

7月のアムステルダム、水に浸かる瞬間はちょっとひんやりするものの、入ってしまえば温かいではないか!

決してキレイではない川なので絶対に顔はつけないようにしながらひたすら立ち泳ぎをして結構疲れました…でもダッチピーポーに溶け込めたようで楽しかった!!

暮れなずむアムステルダム

川から上がってまたお酒とおしゃべりをひとしきり楽しんだら、帰る時間になりました。

暮れなずむアムステルダムの街を運河から眺めながら、家路を急ぎます。

皮面にキラキラと光る夕日がとても綺麗でした。

おわりに

運河と共存するアムステルダム。
クルージングをして、地上から見る景色とは一味違ったアムステルダムを味わうことができました。

しかし1日遊び尽くしたなぁ〜!
滞在中ずっと私たちを楽しませてくれた友人カップルにはとても感謝です。

アムステルダムに行かれる際は是非この運河クルーズにトライしてくださいませ!

 

 <Sponsored Link>