ペナン島の「Khaleel」でマレーシア名物“ナシ・カンダール”を食べよう

こんにちは、nasupiです。

マレーシア・ペナン島で宿泊したホテルのスタッフさんに、近くのおすすめのレストランを尋ねたら教えてくれたのがこちらの「Khaleel」

特に、名物の「ナシ・カンダール」必食なのだそう。たくさんの種類のおかずを好きなだけ選んで食べるのが楽しいとのこと。

教えていただいたその日に、早速行ってみることに。

<Sponsored Link>

ナシ・カンダールとは

マレー語で、ナシ=ご飯、カンダール=天秤棒

昔、南インド系の人々が、天秤棒にご飯とおかずを乗せて売り歩いていたことからこの名前がついたのだそう。

こちらのお店のナシ・カンダールは、出来合いのおかずを眺めながら食べたいものをオーダーします。英語がペラペラな店員のお姉さんがいらっしゃったので、おすすめを尋ねながら決めました。

私たちが食べたもの

実は、2日続けてこちらでディナーをとりました。

1日目に食べたものはこちら↓。

ビリヤーニライスに、キャベツのサラダハニーチキンビーフレンダン

クアラルンプールに行った際に彼が大ハマりしたビーフレンダン、こちらで食べることができてご満悦。

さらにもう一つ、チキンティカとガーリックナンのセットをオーダー。

インドっぽいスパイスが効いていてこれまた美味。

2日目は、1日目に選んだもののうちハニーチキンをマトンにチェンジ。

マトンも臭みがなく美味しかったです。

もう一つのオーダーは、クアラルンプールで食べたロッティ・チャナイを。
サラサラのスープカリーのようなソースに、薄く焼かれたロティを浸していただきます。

これでたったの1.3MYR(≒35円)だから驚きよね。

 おわりに

お店のお姉さんのおすすめを聞きながら選んだので、どれも美味しかったです。

いろんな種類を1つのお皿に乗せるので、ソースやらご飯やらが混ざってしまうのですが、それもそれで旨味が混ざり合って楽しんで食べることができました。

マレーシアに行ったら是非この「ナシ・カンダール」をお試しください!

店舗情報

Khaleel Nasi Kandar Restaurant
住所:  Lorong Sungai Emas, Batu Ferringhi, 11100 Batu Ferringhi, Pulau Pinang, マレーシア
電話番号: +60 16-501 7324
Google Maps:

私たちがマレーシア・ペナン島で宿泊したリゾートがとても素敵でした。
こちらも併せてご覧ください。
マレーシア・ペナン島シャングリララササヤンのラサウィングに宿泊したらすごかった

<Sponsored Link>