タイに住みタイ!!バンコクで格安物件探しの巻

こんにちは、nasupiです。

今後はタイに拠点を置いていろんな国へ行く予定なので、バンコクでアパートを借りることにしました。

家を空けることが多いので、価格重視で探した結果素敵な物件に巡り会えましたよ〜
私たちの、物件探しの過程をご紹介しますね。

※詳細な場所の記載は敢えて伏せています。また情報も私の怪しい記憶を辿って書いているので、あくまでも目安としてご参考までに。

 <Sponsored Link>


バンコクでの物件探しの方法

私たちはエージェントなどは通さず、気になる駅に降り立ち目に付いたコンドミニアムに手当たり次第に突撃しました。

この方法をする人は多いみたいで、コンドミニアムのスタッフの方も慣れた様子で案内してくれます。

たいていのコンドミニアムには入り口にガードマンがいて、部屋を内見したい旨を伝えるとコンドミニアムのオフィスに連れて行ってくれます。

人がいない場合でも連絡先やインフォメーションカードが置いてあったり貼られていたりするので、連絡を取って後日内見という方法を取ることが可能。

その場合は電話番号を登録するとLINEがつながるので、LINEでやり取りができて便利でした。タイでもLINEが主流のようです。

私たちがバンコクで住みたい部屋の条件

バンコクに拠点を置くものの、今後年明け2か月はランタ島だし夏の2か月はスウェーデンなので、家を空けることが多くなります。
ですので、とにかく価格重視!を第一にお部屋探しを始めました。

しかし見ていくうちに「やっぱりあれもあったほうがいいな…」とか「これはさすがに無理だ…」なんてものが出てきます。
で、最終的に条件として挙げたのが、

・家賃上限15000バーツ(安ければ安いほど良い)
・キッチンがある
・広さ最低30㎡以上
・タバコの匂いがしないこと
・Wi-Fiが入ること
・エアコンが付いている

でした。

長年住み続けるのであればもちろん家賃が上がってもさらに細かい条件を出すところですが、実際生活する期間を考えるとこのくらいで妥協できましょう!

ということで、これらの条件をひっ提げていざ!お部屋探しinバンコク!!

バンコク中心地に近い物件

まず手始めに、利便性を考えてバンコク中心地に近い物件を見てみました。

駅徒歩5分ほど、メインの通りから1本入ったところなので割と静かで住みやすそうなエリア
良さげなコンドミニアムを発見し、いざ突撃!

駅徒歩5分、25000Bの部屋

広いです。間取りは55〜60㎡ほどの1LDKでキッチン家具付き。少し古い感じもしますが悪くないです。

お値段を聞くと…「25000B」よ、予算オーバーや…(日本だと十分安いんだけど)。
いくら物価の安いタイとはいえ立地が良くてこのくらい広いと私たちの予算では賄えないのね。くぅ。

お礼を言って、そそくさ退散。
緊急会議を行い、中心地からちょっと離れた場所にすることに。

バンコク中心地より少し離れた物件

気を取り直して、中心部から少し離れた街を散策します。
離れると言ってもBTS一本でアクセス可能だし、しょっちゅう街中に行くわけでもないから問題なし!ということで、まず一つ目。

駅徒歩5分、10000Bの部屋

まず手始めに駅徒歩5分のコンドミニアムへ。
道路に面していますが車通りが多く歩道もないため、うるさいし危ない。

お部屋は2タイプあり、小さい部屋が空いているので内見することに。
1ベッドルームキッチンなしの、スタンダードクラスのホテルのような部屋です。
広さは30㎡、価格10000B。
安いけどもう少し広いといいよね、あと朝ごはん作りたいしキッチンが欲しいね、と話し合い。

大きいタイプの部屋は単純にこの部屋2つ分がコネクティングルームになっているだけとのこと。広さは60㎡、価格16000B。
明後日なら大きい部屋も見せられるよ〜と言ってくれましたが、キッチンなしということでテンション下がり、次の物件へ。

駅徒歩5分、15000Bの部屋

先ほどのコンドミニアムのすぐ近くの物件に突撃。
ガードマンに声をかけると、敷地内にいる間はパスポートを預かるというので渡して中へ。

ちょうどエージェントの人と一緒に部屋探しをしているアメリカ人がいたので、便乗させてもらい内見。

オードリーヘプバーンの絵がかけてあって可愛い。割と新しめな印象。
1ベッドルーム、キッチンのようなスペースあり。
コンロはないが後付けできるので問題ないけれど、心配なのが換気扇がないこと。
料理をするたびにお部屋が煙たくなるのかしらという懸念。

広さは30㎡ちょいくらいかな?ちょっと圧迫感があった。

駅徒歩3分、15000Bの部屋

先に内見した2軒は面している通りが車の音でうるさかったので、駅の反対側へ。
こちら側もコンドミニアムがたくさん立ち並んでいます。

駅の一番手前にあるコンドミニアムに突撃!
かなり駅近で、近くにスーパーもあり住みやすそうです。

こちらの建物は薄暗く、なんとなく古めかしい雰囲気。
お部屋を見せてもらうと、広さはまあまあ。40㎡ほどはありそうな1LDKです。

浴槽が付いているのは風呂好き日本人にとって嬉しいポイント。
ただ全体的に汚いのと、なんだか既に生活感が感じられるのがなんとなく不気味で、また次の物件へ。

駅徒歩3分、13000Bの部屋

先ほどの物件の向かいにあるコンドミニアムへ。
同様に立地は良く、建物もきれいめ。案内してくれる人もニコニコ、優しい。
部屋は若干狭く感じますが、35㎡くらいかな。

エレベーターや共用スペースも清潔感があります。しかもプール・ジム付き!
いいじゃんここ、いいじゃん!!予算内だし!ここにしちゃおうよ!!
と興奮する私。

しかし彼が「家具が気にいらない…」と怪訝な表情を浮かべていらっしゃる。
うー、IKEAの国の住人め!!
他ももっと見てみよう、と引きずられて次の物件へ。

駅徒歩5分、18000Bの部屋

こちらも広めのお部屋。案内してくれた人が55㎡と言っていましたが、そこまで広くはないかな〜。50㎡くらい?

リノベーションしたばかりということで内装はきれいです。
リビングに突然ドラム式の洗濯機が備え付けられているのがちょっと気になるくらい。

東京で同棲していた部屋に少し似ていていい感じでしたが、予算オーバーなのでもう少し探すことに。

駅徒歩7分、18000Bの部屋

林立するコンドミニアム群の一番奥の物件へ。
外観も共用部分もきれいです。建物の中は吹き抜けになっていて雰囲気も良い。
そして案内された部屋に入ると…

ん!?

コレは…タバコの匂いっ!!

前の入居者が喫煙者だったのでしょうか、染み付いた匂いが鼻につきます。
リセッシュふりかけたらいけるのかなー?とも思ったけれど、彼がくるっとUターン
案内してくれた方も「ディスカウント!!17000?16000??」と頑張ってくれていましたが、こればっかりはしょうがないです。

駅徒歩4分、25000Bの部屋

とっても綺麗な建物だな〜でも絶対高いんだろうな〜と一度は通り過ぎたタワーマンションのような素敵物件。
でも、相場を知るために行ってみよう!ということで冷やかし突撃!笑

まだできて2ヶ月しか経っていないということでしたが、現在空室で見ることができるのは低層階の狭い部屋のみとのこと。

30〜35㎡ですがとっても綺麗です。備え付けのインテリアもセンスがあります。
ただ共用のプールが窓の目の前にあり、住んだら自分たちの部屋の中がプールから丸見えという位置。
もっと広くて高層階になると30000B〜なのだそう。

洗濯機を置くところがないので、エントランス横のコインランドリーで洗濯かランドリーサービスを利用するしかないです。
これも暮らしてみたら地味に不便だと思うポイントでした。

駅徒歩20分、9500Bの部屋

バンコク中心地から離れていて、さらに最寄駅からも遠かったらどうなるんだろう?という興味もわき、そんな物件を求めてテクテク。
そしたらありました!!外観はそんなに悪くありません。

部屋も広く、50㎡はあります。ただ部屋の中は古めかしい感じ。
備え付けの家具もダサめだったので、「もしここに引っ越したら今ある家具を引き取ってもらえるか?」と聞いたら「OK。好きにしてかまわない」と。

ついに10000Bを切る価格の物件、値段は非常に魅力的でしたし広さも申し分なく、オーナーさんもとっても優しい方だったので悩みましたが、やっぱり駅徒歩20分は遠い。
彼も悩んでいましたが、雨季のバンコク、激しい雨降る中20分歩くのはしんどいよ…と諭し、候補から外すことに。

おわりに

…と色々見て回ってはあーだこーだ協議してきましたが、最終的に条件にぴったりなお部屋を見つけました!
実際住むお部屋については次の機会に書こうと思います!

バンコクの賃貸契約は1年契約がほとんどです(住んでも住まなくても12か月分の家賃は払わないといけない)。
もし半年契約をしたければ、月額+2000Bというところもありましたので、できなくはないがコストがかかる模様(交渉によるとは思いますが)。

また、家賃とは別に電気代と水道代がかかります。
バンコクではガスは使わないのかな?私たちが見た物件ではコンロもシャワーも全て電気でした。

家探し、たくさん回ってヘトヘトになりましたがいろんな部屋を見ておもしろかったです。
たくさん見ることで相場もなんとなく分かりましたし。

詳細な情報を書けずふわっとした説明で申し訳ないですが、この記事に関して詳しい情報を知りたい方は直接私までお問い合わせくださいませね!

追記)バンコクに住んでみて気づいた、お部屋探しでチェックしたいポイントをまとめました。
こちらもお部屋探しの参考にされてみてください。
タイで物件探しをする際にチェックしたい7つのポイント

 <Sponsored Link>


コメントを残す