おしゃれなインド料理ならMasala Art(マサラアート)@エイトトンロー

こんにちは、nasupiです。

先日彼が「ah,なんだかインド料理が食べたいなぁ〜」とのたまっていたので、私はすかさず「Gaggan行こうよガガン!!」と言ってみたのですが、あえなく却下され(GagganとはバンコクにあるアジアNo.1のミシュラン2つ星レストランで予約は数ヶ月待ち)。

チェッと思いつつ周辺のインド料理屋さんを探してみると、気になるお店がエイトトンローにありました♪

その名も「Masala Art(マサラアート)」

インド料理食べたい!と騒ぐスウェーデン人とともに、早速行ってみることに!

<Sponsored Link>

Masala Art(マサラアート)

こちらのお店は、エイトトンローの2階にあります。

ゴールデンな入り口を入ると意外や意外、ブルーを基調とした爽やかな内装の店内が広がっております。

ここはギリシャ料理やさんか!?と見紛うほどのエーゲ感を醸し出していますが、こちらはれっきとしたインド料理屋さんです。

よく見ると、ライトやクッションがオリエンタル?エスニック?調でとても可愛い!

テラス席もありましたが暑いのと景色はそんなに良くないのとで、屋内が断然いいなと思います。

おいしいインド料理の数々

まずはじめに幾つかのお通しが提供されます。

こちらチップスが木に引っかかっていて可愛い♪

緑色のソースが激辛でしたのでご注意を!

 

マサラアートパンチ(Mocktail)

ドリンクは、ノンアルコールな気分だったのでこちらをオーダー。
195B(≒683円)。

こんなトロピカルなドリンク久々に飲みました〜^^

 

4種のグリルプレート(4MP Kebab Platter)

魚・エビ・チキンティカ・ケバブの4種類のグリル 700B(≒2450円)。

綺麗に盛り付けられていたんだけれど、写真撮る前に店員さんが取り分けてくれちゃった!

全てとても美味しかったです。特にエビが香ばしく焼かれていて最高でした!

 

インドカリー2種ラム肉のカリー

今回は店員さんのオススメで、
「Kashmiri Roganjosh」(ラム肉のカリー) 425B(≒1485円)と、
「Chicken Tikka Masala」(チキンティカマサラ) 350B(≒1225円)
の2種類のインドカリーをチョイス。

チキンティカマサラ

どちらも濃厚で食べ応えがあり、とても美味しかったです。

特にラム肉はほろほろやわらか〜くてほっぺた落ちるかと思いました。

チキンティカマサラもインドカリーの定番メニューだけあって安定の美味しさ。チキンもゴロゴロ入っていて贅沢です。

一緒にロティ50B(≒175円)ともう1つ、Laccha Parantha 75B(≒263円)という薄焼きパンを食べましたが、こちらは油っこくてずっしりとしており、今回頼んだカリーにはヘビー過ぎました…。次回はロティ一択ですね。

 

マサラティー

食後にはマサラティーを。1つ50B(≒175円)とお安い!!

スパイス香るミルクティー、食後にホッと一息。

お会計とアンケート

この日のトータル金額は、税サ合わせて2290B(≒8000円)

店員さんもよく目配りをしていて心地よい接客でした。

そして最後にはアンケート記入を依頼されました。業務改善意識が高いですね〜。

店舗情報

店名:Masala Art(マサラアート)
最寄り駅:BTSスクンビット線 トンロー駅(Thong lo)
電話番号: 02 713 8357
営業時間:11時~23時
定休日:なし
HP:https://www.masala-artbkk.com
Google Maps:

おわりに

こちらお店は雰囲気も抜群、お料理も辛すぎずおいしく丁寧に作られており、安心してお食事することができます。

場所柄なのか、日本人やファランのお客さんが多かったですね。

以前訪れたエカマイのインド料理やさんはお客さんがインド人ばっかりだったのでバンコクのインド料理屋さんはどこもそうかと思っていましたが、こちらは違いました。笑
参考リンク→バンコク・エカマイのインド料理やさん「Spicy by Nature」

どちらも美味しいインド料理をいただけるので、今後はおしゃれにインド料理ならMasala Art、お店の雰囲気も味も本格インドならSpicy by Natureって感じで使い分けたいと思います!

 <Sponsored Link>