バンコクでカオソーイ食べるなら「ノムセンシンハー」

こんにちは、nasupiです。

タイ・バンコクに住み始めて早2か月。
ガイドブックのタイ料理特集を眺めながら、そういえば「カオソーイ」なるものをまだ食べていないなぁ…と。

気づいてしまったら最後、カオソーイ食べたい、わてはカオソーイが食べたいんじゃぁああ!!と何も手につかなくなりがちに。

そこでグーグル先生に執拗に問いかけを行った結果、美味しそうなお店発見!!
その名も「ノムセンシンハー」

これが大ビンゴだったので、満を持してご紹介します!必食カオソーイ!!

<Sponsored Link>


ノムセンシンハー(Nomsensingha)

こちらは、BTSスクンビット線バンジャーク駅の5番出口を出て徒歩1〜2分(くらい)と好立地!
スクンビットソイ60/1を入るとすぐにお店ののぼり旗?が見えます。

ノムセンシンハーという店名、声に出して言いたくなりません?ノムセンシンハー。ノムセンシンハーァァアッ!!!(…私だけ?)

そんなノムセンシンハーというタイ語の意味を、シャイな私は店員さんに聞くことなく自分で調べてみたところ、

ノムセンカノムセン=北タイ弁でカノムジーン→米粉の細麺
シンハーライオン(シンハービールでおなじみ)

らしいっす!!

しかし店内はシンハーっぽさは感じられず、カフェ風インテリアで女子がテンション上がる系の可愛い内装

カオソーイなどメニュー色々

カオソーイが定番メニュウですが、ナムニャオなどもあり色々チョイスできます。

でも私はカオソーイを食べに来た。
初めて来店した時は、ポークリブのカオソーイをオーダー。

ポークリブカオソーイ

味がよく染みた骨つきポークリブがゴロンと3つ乗っています。
ココナッツミルクのスープが濃厚で、一口含むと口の中がリッチな感じに。

上にパリパリ麺が乗っていますが、ちゃんとスープの下にも細麺がありますので、一見で「ちっちゃ!」と焦らなくても大丈夫。

具材が豊富なので食べ終わった後はかなりの満足感が得られます
こちらサイズが選べ、通常サイズ60B(≒210円)サイズアップ65B(≒228円)

【追記】2018年10月訪問時、価格が値上がりしていました(半割のゆで卵がプラスされていた)!
ワンサイズ80Bで、サイズアップをリクエストすると+10Bで麺を増量してくれます。

再訪!カオソーイスペシャルをオーダー

前回のポークリブがかなり美味しかったので、ちょっと他の味も試したくなりました。
そこで2回目来店の際は、いろんな具材がのったカオソーイスペシャルに挑戦。
具材を食べ比べてみることに。

ざっくり言うと、チキン、ポークリブが1ピースずつ、チャーシュー、かまぼこみたいなやつ、かまぼこがボール状になったみたいなやつがそれぞれ2ピースずつ。
正式名称が分からずごめんなさいね。

ちなみにナムニャオ

ポークリブカオソーイでずっと通っていたのですが、ある時思い立ってナムニャオをオーダー。
こちらも北タイ名物のヌードルです。

血を固めたルアッムーも入っています。

辛味と酸味が思ったよりも強くはじめはびっくりしましたが、意外とさっぱりいただけます。
麺がカオソーイのような平麺ではなく、そうめんのような細麺でした。

おわりに


結論を言うと、ナムニャオも良かったのですが私的にポークリブカオソーイが一番美味しい
次回からはポークリブカオソーイ1択になりそうです。

こんなところにこんなおしゃれなお店が!?と驚きますが、見た目だけでなく味も抜群に美味しいノムセンシンハー
お店に一歩入るとすぐに愛想の良いご夫婦がもてなしてくれます。

お昼〜夕方の時間帯のみオープンしているので行くタイミングが限られますが、近くに来られる時があれば是非立ち寄っていただきたいオススメのお店です。

店舗情報

Nomsensingha (ノムセンシンハー)
住所: 10260 สุขุมวิท 60/1
電話番号:  093 027 2720
営業時間:10:00〜17:00
FB:https://www.facebook.com/nomsensingha/
GoogleMaps:

こちらのお店のもう一つ隣の通りには、これまたおいし〜い隠れ家イタリアンがあります。バンジャークが今アツい!!こちらも要チェック!
バンコク隠れ家イタリアン!バンジャーク駅すぐのGianmi&Peppe

 

<Sponsored Link>


コメントを残す