5つ星ホテルでアフタヌーンティー@パークハイアットバンコク内The Living Room

こんにちは、nasupiです。

バンコクには素敵なアフタヌーンティーを提供するお店がたくさんあります。
その中でも五つ星ホテルで味わうアフタヌーンティーは格別。

いつもは屋台飯な私も、たまにはそんな上質空間に身を置きたいワ!と思い立ち、お友達を誘って今回「パークハイアットバンコク内The Living Room」のアフタヌーンティーにトライしてきました!

近くに「グランドハイアット・エラワンバンコク」というホテルもありますが、今回ご紹介する「パークハイアットバンコク」はプルンチットのデパートセントラルエンバシーの上層階にあるホテルですのでお間違えなきよう。

 

<Sponsored Link>

パークハイアットバンコク(Park Hyatt Bangkok)

最寄り駅は、BTSスクンビット線プルンチット駅。

5番出口を出てスカイウォークをしばらくまっすぐ進むと、右手にセントラルエンバシーというデパートがあります。

スカイウォークから直接セントラルエンバシーに入り、入って左手に見える下りエスカレーターで1フロア下がります(G階)

エスカレーターを降りたらUターンするような形でフロアの端へと進むと、プラダの左横にハイアットへ繋がる連絡通路があります

通路を通りきったらこのような↑オブジェのあるエントランスに出ます。
ソファもあるので、待ち合わせにも最適。

さらに奥にエレベーターがあるのでそれに乗り、9階がアフタヌーンティーのある「The Living Room」です。

ただ直接9階から行くと、エレベーターを降りた時に裏口のようなところに出てしまうので、10階のロビー階から1フロア分階段を降りる方がおすすめ

上質空間のThe Living Room

スタッフさんの対応も素晴らしく、空間も洗練されています。

天井のオブジェが特徴的。ついじっくりと眺めてしまいます。

実はこちら、日本人デザイナーが手がけたもので、蛇神ナーガをイメージした作品なんですって。作品名も「NAGA」とのこと。

The Living Roomのアフタヌーンティー

アフタヌーンティーメニューは1人800B++、2人1400B++という値段設定。

周りを見ると、確かに1人でいらっしゃっている方もおられました。

2人〜という価格設定の多いアフタヌーンティーに1人で行けるというのは、私のような友達少ない引きこもラーにはとっても嬉しい!!

アフタヌーンティーを楽しみたいけれど、1人でゆっくり考え事もしたい…なんて時にも最適♪

ドリンク

お茶はどれもマリアージュフレールのもので、私はブラックティーのマルコポーロを選択。

カップを口元に運ぶと高貴な香りがホワンと広がり、とっても幸せ〜な気持ちになります。

ただ1つ、ポットのデザインが味気ないのが残念…。逆にシンプルスタイリッシュで素敵!と解釈すべきか。

しかし中身がなくなったらお湯を足していただけるので、長く楽しめます。

セイボリー

セイボリーはこちらオープンサンド、どれも見た目にも可愛く、お味も抜群です!
バゲットと具材の相性が抜群で、ペロリと頂きました。

乗せられたお皿、縁の不揃いな形がとても可愛い!

スコーン

大きめのスコーン2種類(プレーンとレーズン)。

ベリーソースとホイップバターが添えられるので、たっぷりつけていただきます。

スイーツ

そしてスイーツにははじめに、パフォーマンスがありました!

ドライアイスに水を注ぎ、もくもくと煙が立ちます!
ちゃんとカメラを構えるまで待っていてくれる優しいスタッフさん。

バンセンのカフェを思い出します。笑
タイ・バンセン「Baan Ton Cake」スイーツから煙?!ローカル憩いのカフェ

可愛らしいスイーツも、どれも作りが丁寧で美味しい!
特に黄色いスイーツ(マンゴーのパンナコッタ?)が私のお気に入りでした〜。
お友達は、ビターなお抹茶のスイーツが良かったとのこと。

ハイアットのインフィニティプール

The Living Roomはプールサイドにつながっているので、少しだけ見学しました。

お店を出る時がちょうど夕刻に差し掛かった頃でしたので光の加減がちょうどよく、プールの水面もキラキラと輝いて美しい…。

バンコク中心部を眺めることができるこんなに素敵なプールなのに、泳いでいる方は1人もおらず…モッタイナーイ。

ちょっとコンパクトなプールではあるけれど、デッキチェアでハッピーアワーなんてしたらくつろげそう!

店舗情報

店名:The Living Room(パークハイアットバンコク9階)
最寄り駅:BTSスクンビット線プルンチット駅(Phloen Chit)
電話番号: 02 012 1234
営業時間:6時~22時(アフタヌーンティーは14時〜17時)
定休日:なし
HP:hyatt.com
Google Maps:

おわりに

たまにはこういった五つ星ホテルの空気感を味わうことも大事ですね。
素敵な空間で上質なアフアヌーンティーをいただく、贅沢な時間でした。

お友達とおしゃべりも楽しいけれど、1人で考え事をするのにもかなり捗りそうなので、次は1人で来るのもいいなぁ。

バンコクには素敵なアフタヌーンティーがまだまだあるので、いろいろ行ってみたいと思うのでした。

 

※バンコク・アフタヌーンティーの記事

オークラプレステージバンコクでさくらアフタヌーンティーを楽しむ

オリエンタルレジデンスバンコク内CafeClaireのアフタヌーンティーが可愛すぎる

 <Sponsored Link>