【移転】ガイヤーンがジューシー!バンコクで通いたくなるイサーン料理の「SABAI JAI」

※こちらの記事は移転前に書かれた記事です。

こんにちは、nasupiです。

バンコクにきたばかりの頃、宿泊していたエカマイのホテルから徒歩5分ほどのところにあるこちらのイサーン料理レストラン「SABAI JAI」

イサーン料理とはタイ東北部の郷土料理で、ラオスの影響を色濃く受けているのだそう。
タイのイサーン料理として有名なのは、ソムタムラープ、そしてガイヤーン(チキンの炭火炙り焼き)

とても美味しかったので、エカマイ滞在中は何度も通いました。
あぁ、思い出すだけでも食べたい、あのガイヤーン

<Sponsored Link>


スクンビットsoi63通り沿いにあります

駅から徒歩10分ほど、スクンビットsoi63(エカマイ通り)にオープンな席のレストランが見えたらそれがサバイジャイです。
香ばしいガイヤーンの香りに思わず体が店に吸い込まれてしまいます。

タイ料理やさんあるある、いつものごとくメニューがたくさんあり選ぶのが大変。
しかしここのメニューはほぼ写真がついているのでイメージがつきやすいです。
また英語表記もされているので安心。

いつも、駐在しているサラリーマンらしき日本人がたくさんいます。
現地の人はもちろん欧米の方も多く、みんなに愛されるレストランのようですね。

辛さは本格派、覚悟が必要

滞在初日に食べたメニュー。どれも辛く衝撃を受ける。

本場タイで食べるタイ料理ですから、ベースの辛さがもう辛いです。
滞在初日にその洗礼を受けたのが上の写真。
右上から時計回りにトムヤムクン、バナナスムージー、ラープ、空芯菜炒め。
バナナスムージーが唯一の救世主でした。

オーダーの際に辛さ控えめ(タイ語でペッニッノイ」)と頼めば、ややマイルドな味付けにしてくれます。

どれも辛いと逃げ場がないので、カオニャオ(もち米)も一緒に頼むのがオススメ。

筒に入ったカオニャオ

お店の看板メニュー「ガイヤーン」

お店のロゴマークもニワトリであるように、ここの名物は何と言っても、タレに漬け込み炭火でグリルしたチキン「ガイヤーン」です。

オーダーする人もやはり多く、店員さんが大量のチキンをトレイに乗せて運んでいるのはお決まりの光景。

表面はカリッと、中はジューシーで甘辛い味付けはとても食欲をそそり、スモールサイズではすぐにペロリと食べ終えてしまいます。

影の主役、ココナッツウォーター

サバイジャイに限りませんが、私の大好きなココナッツウォーター

何がいいかって、かわいい見た目と冷たくて優しいその味、そして何より飲み終わった後に実を食べる楽しみ!!
コクがあって美味しいココナッツの実、食べずに捨てるなんてもったいないじゃありませんか!
飲み終わったら店員さんが気を利かせてくれ、半分にカットしてくれます。

これでスプーンですくいやすくなり、最後まで美味しくいただけます。

お鍋やチャーハン、炒め物etc

滞在中何度も通ったのでいろいろ食べましたが、どれも美味しくハズレがなかったです。

シーフードのお鍋

おわりに

エカマイに来た際は必ず寄ってしまうほど、このガイヤーンのトリコです。
BTSエカマイ駅から10分と歩けないことはない距離なのですが、もう少し駅から近いといいなと思う。笑バイタクかタクシーなら2〜3分で到着します。

エカマイにお越しの際はSABAI JAIのイサーン料理にぜひトライしてみてくださいませ!

店舗情報

SABAI JAI RESTAURANT
住所: 65 ถ.สุขุมวิท63 ซ.เอกมัย 1 แขวง คลองตันเหนือ เขตวัฒนา กทม. 10110

電話番号: 02 -7142622
営業時間:10:00-24:00
HP:www.sa-bai-jai.com/
Google Maps:

こちらのお店、本格タイマッサージのお店「ヘルスランド」の真向かいなので、食事をしてお腹いっぱいになったらマッサージへ行くっていうコースもおすすめ。
バンコクの「ヘルスランド」で本場のタイマッサージを受けるの巻

<Sponsored Link>


コメントを残す