エカマイ「SHUGAA」はカワイイをたっぷり詰め込んだメルヘンカフェ

こんにちは、nasupiです。

皆さんは小さい頃、森の中で動物たちと一緒にティーパーティーをしたいと思ったこと、ありませんか?

私はありません。

否、あったのかもしれないけれどそんなこと忘れるほどに歳を取ってしまいました。嗚呼。

それはさておき、森の中で動物たちと一緒にティーパーティーをしているかのようなメルヘンちっくなカフェがなんとエカマイにありました。

その名も「SHUGAA」

その全てが可愛すぎる空間に(場違いスマソ。)となんども唱えながらしっかり2時間ぐらいお茶してきました。

お砂糖のように可愛らしいカフェ「SHUGAA」をご紹介いたします。

 

<Sponsored Link>

SHUGAA

最寄り駅はBTSスクンビット線エカマイ駅です。

エカマイ通りの1本トンロー側の通り、スクンビットsoi61をしばらく進むと左手にあります。

こちらSHUGAAは、レジデンスの下に入っている2階建てのカフェ。

入り口を入ると大きなくまちゃんが、やってくる皆さんをお出迎えしてくれています。

店内は一面優しいパステルカラーでふわふわな空間を演出。

数年前には大好物だったパステルカラー。
歳とともにナチュラル志向になってきたため、この空間にややしっくりこない感じがちょっと切ない。

そんな切なさを心に秘めながらも可愛いものは可愛い。テンションが上がります。

オーダーはレジにて

「SHUGAA」のメニューも全て、とても可愛いのです!

アイスでくまさんを作っていたり、スイーツの器が木の切り株っぽかったりしてまさに「森のパーティー」。

この世界観を知っていただくために是非お店のホームページをご覧いただきたい。→https://www.shugaaordercake.com

もう、可愛いもの好きの女子にはたまらないはず!!

和菓子からインスパイアされたスイーツも多いそうで、日本人には嬉しく誇らしく思います!

こちらカフェメニューが充実していますが、お食事メニューもちょっとありますので、ランチ利用も可。

席に置いてあるメニューで何をオーダーするかを決めたら、レジで先に支払いをします。

オーダーしたものの金額に加え、VAT7%が加算されます。

可愛らしいスイーツ

私は店名にもなっている「SHUGAA」というスイーツプレートをチョイス。
こちら255B(≒900円弱)。

こちら抹茶フォンダンに抹茶アイス、黒いキューブはこしあん、と和のエッセンスがふんだんに盛り込まれた一皿。

温かい抹茶フォンダンと冷た〜いアイスのコンビネーションが楽しめます。

サクサクしたクリスピーの食感も面白く、この一皿で存分に楽しませていただきました。

友人はキャラメルなんとか(忘れちゃった、すみません…)。お皿が温かかったのに驚きました!

飲み物も可愛らしいドリンクメニューが勢ぞろいでしたが、スイーツの甘さを考慮して結局シンプルなアイスコーヒー(110B≒385円)にしちゃった。

こうして守りに入ってしまうところが、アラサーのサガですな。

中国人に人気?!

周りは若いタイガールだったりするけれど、気にせず話に花を咲かせるアラサー2人。

ふと気づくと、入り口前に大量の人だかりがカメラを構えてこちらを撮影している!

ヒィっと思い時計を見ると、私たち2時間もおしゃべりしていたのね。

10数名の団体さんが入店されたので、私たちは退散することに。

友人は中国語が分かるので、中国人の団体さんだと判明。

そういえばメニューにも中国語が書いてあったから、中国人観光客に人気なのかな?

団体さんが来る前はゆったりのんびり過ごせたので、とても居心地が良かったです。

店舗情報

店名:SHUGAA
住所:  27 The Residence at 61 Bldg 61 Sukhumvit 61 Alley, แขวคลองตันเหนือKhet Watthana, Krung Thep Maha Nakhon 10110
最寄り駅:BTSスクンビット線エカマイ駅(Ekkamai)
電話番号: 02 381 5940
営業時間:10時~20時
定休日:なし
HP:https://www.shugaaordercake.com
Google Maps:

おわりに

歳を理由になんだかんだ言いましたが、素直に言います。

この世界観大好きです。

なんならメニューコンプリートするくらい通いたい!!
それほどに1つ1つが魅力的で可愛くて、あの空間も異世界のようで楽しい。

この日はうっかりジーンズにTシャツで行ってしまったけれど、再訪する際はふんわりスカートを履いていかねば。

可愛いものに心くすぐられるあなたにとってもおすすめのカフェですよ!
ぜひこの世界観、ご体感くださいませ。

 

 <Sponsored Link>