4月はタイへ行こう!国を挙げての水掛け祭り「ソンクラーン」に参戦!


こんにちは、nasupiです。

4月のタイといえば、「ソンクラーン(สงกรานต์)」ですね。
タイの旧正月の祝日なのですが、見知らぬ者同士水を掛け合うお祭りとしてタイ中に水が飛び交う日です。
2018年はこの祝日が例年より1日増え、さらに盛り上がること間違いなし!

ソンクラーンを全力で楽しむために知っておきたいことや、準備すべきアイテムをご紹介いたします!

 <Sponsored Link>

ソンクラーンとは

本来は仏教国タイの旧暦の新年を祝う行事で、水をかける意味としては年少者が年長者の手に水をかけて敬意を表すものでした。

しかし近年では本来の意味合いよりも、水をかけ合い盛り上がるイベントとして定着しつつあります。

水をかけることは敬意を表しているため無礼講、国も法律でそれを認めているため、この時期はどんなに水をかけられても怒ってはいけません。

ソンクラーンは祝日連休となるのでタイ人は故郷に帰る人が多く、駐在している日本人も一時帰国のチャンスだったりするので、実はソンクラーンの盛り上がる場所に集まるのは観光客が多かったりします。

ソンクラーンの期間

基本的にソンクラーンは毎年4/13-15の期間ですが、2018年は4/12もソンクラーンの祝日にすると決まったそうです。

このソンクラーンは国を挙げての伝統行事なので、そこらへんの道を歩いていても見知らぬ人に突然水をかけられますし、トゥクトゥクなどのオープンな乗り物に乗っていても容赦なくぶっかけてきます。

基本的に水をかけてOKなのは日没までとされていますが、観光客や若者が集う繁華街では深夜まで水の掛け合いが延々続きます。

この時期に水をかけられたくなかったら日没まで外に出ないか、完全防備して最低限の外出にとどめるしかないでしょう。

またこの期間は、お祭り気分に包まれて飲酒運転や事故も多発する期間ですので十分にお気をつけください。

バンコク市内で水掛けが盛り上がる場所

カオサン通り

普段も観光地として多くの外国人で賑わうカオサン通り。
参考リンク→バックパッカーの聖地、タイ・カオサン通りを楽しむ

ソンクラーンの時期めがけてやってきた外国人観光客で大いに賑わいます。
イベントを最大限に楽しもうと、欧米人達がやる気満々で本気の水かけを仕掛けてきますので、こちらも万全の体制で応戦しましょう。

夜になってもその盛り上がりは続きますので、夜までお祭り騒ぎを楽しみたい方はカオサン通りへ。

カオサン通りのソンクラーンレポ2018ソンクラーンレポ【カオサン通り】トゥクトゥクは絶対乗るべき!

シーロム通り

バンコクの中心地ともあって大きな盛り上がりを見せるシーロム通り

例年ソンクラーンのお昼12時から21時まで歩行者天国になるため、時間が来たら一斉に水かけが始まります。

サイアムスクエア前

パレードが開催されたり、大きなウォータースライダーが出現するなど毎年盛り上がるエリア。

セントラルワールドプラザ前


こちらは単なる水かけのみならず、特設ステージでの無料ライブやDJブースが設置され、夏フェスのような雰囲気に。

また、こちらで毎年行われる「フォームパーティ」という、大砲から泡が噴射され泡まみれになるパーティも見もの。

セントラルワールドのソンクラーンレポ
2018ソンクラーンレポ【セントラルワールド】泡だらけのフォームパーティーがクレイジーすぎる!

準備するべきソンクラーン必携アイテム

水鉄砲

水鉄砲を持っていたら確実に狙われますので、こちらもマイ水鉄砲で応戦しましょう。
この時期は色々な種類の水鉄砲が売り出されています。
ばかでかいサイズはもちろん、水タンクを背中に背負ってホースから放水するようなものも!

水鉄砲内の水がなくなれば、この時期は道端のいたるところで水道水が5〜10バーツで購入できるので補充しましょう。

アロハシャツ

ソンクラーン前には至る所でアロハシャツが売り出され始めます。はじめはなぜこんなにアロハシャツが売られているのかな??と疑問でしたが、これには意味があることをのちに知りました。

ソンクラーン時期にアロハシャツを着ていると「水を掛けて!」というサインなのだそうです!
いわばアロハシャツはソンクラーンのユニフォームですね。全力で楽しむために忘れずに準備しましょう!

水着

ソンクラーンはちょろっと水をかけられる程度の生ぬるいものではありません。
バケツいっぱいの水を常にかけられているイメージです。
準備を怠ると、女の子は下着がスケスケになってしまうリスクあり!!

水の掛け合いを思いっきり楽しむなら、アロハシャツの下に水着を着用して参戦しよう

スマホ防水袋

この期間の水かけは国が認めている行事なので、水をかけられてスマホが壊れた!と言っても修理代金などの損害賠償は出来ないそうです。

壊れても全て自己責任。水かけ祭りに参加しない場合であってもスマホは防水袋に入れるなど、前もって準備を!

ゴーグル

みんな水をかけまくるので、なくなったらそこらへんにある適当な水を調達してかけてくるから、結構水が汚い
かけられた水がどんな水かわからないので、目に入らないようゴーグルも重要です。

スーパーなどでは大抵、水鉄砲・スマホ防水袋・ゴーグルの3点セットが売られています。

袋に入れたタオル・着替え

びしょ濡れになった後でキンキンに冷えたショッピングモールやBTSに乗るとマジで寒いです。風邪ひきます。

また、高級デパートなどでは「濡れた服装での立ち入り禁止」というところもあります。あらかじめそのような場所にいくと分かっていれば、タオルと着替えは持っていた方が良いでしょう。

しかも濡れないようにビニール袋に入れるなどして水の攻撃から死守してください。移動中これらが濡れたら元も子もないです。

ソンクラーンでやってはいけないこと

大きな行事にトラブルはつきもの。ソンクラーンの行事が拡大していくのに伴い、年々規制が厳しくなってきているようです。

白い泥NG(場所によってはOK)

白粉と水を練って作られる「白い泥」を顔に塗り合うこともソンクラーンの醍醐味の一つでした。

しかし、顔に塗る=体に触ってOKという解釈で若い女性がターゲットになりやすく、あちこち触られてトラブルになる…というトラブルが多発したため規制が入ったそうです。

しかし長年続いていたことなので、場所によっては未だ行われているよう。

建物内は水かけNG

BTSやショッピングモール・ホテルなどの建物内では基本水かけNGです(水鉄砲を持っていたら入り口で水を抜くよう言われます)。

建物間をタクシーで移動すれば濡れない確率は高くなりますが、乗降時は狙われやすいので注意!

僧侶や警察官には水をかけてはいけない

職務中の人に水をかけることはタブーです。

営業中の屋台めがけて水をかけてはいけない

油や火などを扱うので大変危険。

裸になってはいけない


盛り上がって調子に乗ってしまい上裸になった外国人観光客が警察に連行されたということが実際に起きているそう。

知らなかったじゃ済まされませんので、節度を保って楽しみましょう!

おわりに

大人がこんなにはっちゃけて大騒ぎできる機会ってなかなかないですよね。

タイに来るなら絶対ソンクラーンの時期が盛り上がりますし、タイの伝統に触れられておすすめです。

地元民や観光客が入り乱れ、国籍関係なくみんなで楽しめるこのソンクラーン。
ぜひ、準備を万全にして思いっきり楽しみ尽くしましょう!!

※来タイの際に観光ビザを取得される方はこちらもチェック!
タイの観光ビザは2種類!それぞれの違いや必要書類など

 

 <Sponsored Link>