タイ東部料理が味わえる「Sri Trat(シートラート)」プロンポンのミシュランプレート店

こんにちは、nasupiです。

先日、同じバンコクに住むグルメな友人夫妻とフレンチレストランに行く予定が変更になり「シンプルなタイ料理を食べに行こう」と連れて来ていただいたのが、タイ東部料理を提供する「Sri Trat(シートラート)」でした。

いざお店に到着すると、なんとミシュランのマーク!?

グルメな人の「シンプルなタイ料理」はミシュランクラスなのか!!

そんなつもりで来ていなかったのでビビりまくるものの、フレンドリーな店員さんとお洒落な店内、そして何と言っても初めていただくタイ東部料理の美味しさよ。

どのお料理も全て美味しかった!早速ご紹介いたしますね。

<Sponsored Link>

タイ東部料理が味わえるSri Trat(シートラート)

店名である「Sri Trat(シートラート)」の名の通り、タイ東部にあるトラート県のお料理を提供してくれるお店です。

トラート県出身のオーナーが、おばあちゃんのレシピを参考にしてメニューを作っているそうな。

トラート県はカンボジアと接しているため複数の文化が融合する地であり、また海にも面しているため新鮮な魚介が料理に使われることが多いのが特徴。

こうしたことから、一緒に行ったタイ人である友人も「タイ東部の料理は珍しいし、私たちが普段食べるタイ料理とはまったく違う!」とのことでした。

Sri Trat(シートラート)はミシュランプレートのお店

さて、入り口に貼ってあったミシュランステッカー問題
私たちは「シンプルなタイ料理」を食べに来るつもりだったので、服装もそれなり。

内装もなんだかゴージャス!!バラの花が飾ってありますぜ。

王族の写真もたくさん飾ってあるし、こんな格好で来て良かったのだろうか…?!

席に着き慌てて調べてみると、Sri Tratは「ミシュランプレート」のお店だということが判明!

ミシュランプレートとは、ミシュランの基準を満たす料理を提供するお店に対して付けられます。

星付きというわけではなくちょっと一安心。周りを見ても、皆さんわりかしカジュアルです。


しかしミシュランが認める料理だけあってお味は確か。どれもこれも美味。

使用している食器類も、お店オリジナルのサンカローク焼きというもの。こだわりを感じますね。 

Sri Trat(シートラート)自慢のお料理

ウェルカムドリンクをいただき、オーダー後しばらくしてやってきた最初のお料理は、カリー2種白身魚のフライ

マッサマンカリーの中のポテトと思しきもの、実はヤングドリアンなんですって。

味はまさにジャガイモ。食感は確かにジャガイモと比較すると筋っぽいですが、あの独特の臭みは全くなく、ヤングドリアンと言われなければ気づきませんでした。

そして白身魚のフライは、さすがトラート県の新鮮な魚介を使っているだけあって臭みもなくサクフワで美味しい。お代わりしました。

そしてこちら、タイ人の奥様が絶賛するナムプリック

新鮮野菜を真ん中の激辛ソースにつけるのですが、この激辛ソースをつけすぎると口の中がファイヤーになるのでちょこっとだけつけます。

タイ人の奥さんはそのちょこっと具合を笑っていたけれど、本当つけすぎると翌日お腹壊しますからね。

そしてこちら雨季限定メニューの、魚の炒め物

他のメニューの辛さ指標が1〜2(メニューに唐辛子マークが書いてあります)なのに対し、こちらはなんと5!!ひとつだけ明らかに様子がおかしい。

レモングラスの効いたお味は美味しいのですが、いかんせん辛い。

タイ人の奥様を除き、みんな口を真っ赤にしてご飯をお代わりしながらいただきました。

そんな辛さを和らげるのに一役買ってくれたのが、こちらのランブータンのスープ

ランブータンといえばフルーツとしてそのままいただくことがほとんどですが、こうやって肉詰めにし煮込んでスープにするとほのかな甘みが優しく口に広がります。辛い料理との相性抜群。救われました。

タイフルーツを使った魅力的な飲み物

そういえば、こちらのお店は飲み物の種類も豊富。

男性陣はビールを飲んでいましたが、女性陣はタイフルーツを使ったMOCKTAILをチョイス。

まず、私の1杯目はざくろのMOCKTAIL。

甘酸っぱさと優しい甘さがおいし〜い!この量なのですぐに飲み干しました。

2杯目に、サラのMOCKTAILを。

サラは以前スーパーで買って生で食べましたが、こちらにはシロップ漬けしたサラが入っていました。

サイダーの清涼感がのどごしすっきりで美味しい。

※サラについての記事はこちら→タイのトゲトゲした赤褐色のフルーツ「サラ」はハサミを携えて食べよう

デザートにもタイ東部らしさあり

食後のデザートに、私が選んだのはこちらのスイーツ。

カラフルなおもちのようなものの中には、甘いココナッツの実が詰まっています。シャキシャキ食感がやみつきに。

彼がオーダーしたのはこれまたタイ東部ならではの、ヤングドリアンのスイーツ。

カリーの中のものよりこちらの方が味がよくわかりました。ほのかにドリアン独特の香りがするけれど、やはりジャガイモに近し。

デザートまでしっかりいただいて超満腹でお店を後にしました。

Sri Trat(シートラート) 店舗情報

所在地:90 Sukhumvit 33 Alley, Khwaeng Khlong Tan Nuea, Khet Watthana, Krung Thep Maha Nakhon 10110 タイ
最寄り駅:BTSスクンビット線プロンポン駅(Phrom Phong)徒歩10分
電話番号: 02 088 0968
営業時間:12時~23時
定休日:火曜日
HP:http://www.sritrat.com
Google Maps:

おわりに

タイ東部料理って初めて食べましたがどれも美味しくて、改めてタイ料理とは奥が深いなと思いました。

特に魚介が美味しいのは嬉しいですね。さすが海に面したトラート県料理のお店です。

そしてお会計は、大人4人で4000B(≒14000円)程度。

物販もありました

店員さんもフレンドリーで、心地よい時間を過ごすことができました。

ちょっと珍しいタイ料理が食べたくなったら、このSri Tratはとてもオススメです!ぜひ足を運んでみてくださいませ〜^^

<Sponsored Link>