チェンマイ「オールドハウスカフェ(Old House Cafe)」コロニアル建築が美しい旧市街の一軒家カフェ

こんにちは、nasupiです。

タイ・チェンマイ10日間の旅の間、数多くのカフェに訪れましたが、そのほとんどが私が見つけてきた場所でした。

しかし、珍しく彼が「築100年以上の建物を使ったカフェがある!」と見つけてきたのが、今回ご紹介する「オールドハウスカフェ(Old House Cafe)」です。

昔ながらの良さは残しつつ洗練された店内で、とても居心地の良いカフェでした。

<Sponsored Link>

古き良きコロニアル建築のOld House Cafe

Old House Cafeというだけあって、チェンマイの旧市街の中心近くに古くからある建物を利用してオープンしているカフェなんだそうな。

メニューの1ページめにおそらくこのカフェの歴史なんかが書いてありそうですが、タイ語が読めないために詳細不明…。どなたか翻訳おなしゃす。

存在感のある佇まいは、同じコロニアル建築で建てられたシンガポールのラッフルズホテルを思い出しました。

カフェの庭先には組み上げ式の井戸が残されており、昔ながらの風景も垣間見えるこのOld House Cafe。

古さを感じさせないゴージャスな店内

店内に入ると、意外や意外、ゴージャスな内装に圧倒されます。

Old House Caféという名前ながら古めかしさは全くなく、白を基調としてグリーンやお花がセンス良く飾られており、洗練された空間が広がっています。

テーブルや椅子、1つ1つがどれも素敵で、こんな家に住みたいわ〜と妄想が広がります。

量の多いスムージー

旧市街を歩いて移動したので、休憩を兼ねたティータイムとして訪れました。

彼はホットアメリカーノをチョイス。こちら90B(≒315円)。

私はバナナハニースムージー(160B≒560円)をオーダーしたのですが、予想をはるかに上回る量のスムージーがやってきました。

味はほのかにハニーが香る優しい甘さで美味しく、初めはミニバケツくらいある量に歓喜しましたが、飲み進めていくうちに「さ、寒い…」とガタガタ震えるほどに。

飲み終える頃には内臓まで冷え切ってしまい、トイレに行ってからそそくさと店を後にしました。笑

店内では花瓶や食器類の販売もあり

センス良く飾られている陶器や小物類をよく見ると、値札が付いていますので、お買取が可能。

特に目を引くのは、店内に200個以上あるとされる花瓶の数々。

私たちのテーブルの上にも花瓶がありましたが、よーく見ると人の顔になっている!

こんなユニークなものもあるので、ビビッとくるお気に入りがあったら即購入できるのも旅の思い出に良いですね。

他にも香りアイテムや、スキンケア用品も置いてありました。

Old House Cafe 店舗情報

所在地:จ่าบ้าน,พระสิงห์, Amphoe Mueang Chiang Mai, Chang Wat Chiang Mai 50200
電話番号: 094 729 9696
営業時間:9時~18時
定休日:なし
HP:https://oldhouse-cafe.business.site
Google Maps:

 

おわりに

旧市街のど真ん中にこんなにも美しいカフェがあったら、それはそれは目を引きます。

旧市街の観光途中の一休みにもってこいのカフェですので、歩き疲れた時の一休みに是非おすすめしたいカフェです。

洗練された空間でのんびりくつろぐことができて癒されますよ〜。

ただしスムージーは量が多いので、お腹の弱い方は要注意!笑

<Sponsored Link>