バンコクからランタ島へ行くの巻

こんにちは、nasupiです。
ついに、タイのクラビ県にある離島「ランタ島」での2か月の滞在が始まりました。

先日まで滞在していたスウェーデンとは打って変わって太陽サンサン、非常にHOTな日々を過ごしております。

さて、今回お話するのはバンコクからランタ島までどうやっていくのか?です。
日本ではタイの離島といえばプーケット島やサムイ島、ピピ島あたりが有名かもしれませんが、今回はランタ島。

私たちはバンコクからクラビ空港を経由しランタ島まで行ったので、その様子を時々脱線しつつも書き起こしてみました。
よろしければお付き合いくださいませ。

プーケットからランタ島へ行く方法もあります。
それについてはこちらの記事にまとめておりますので、併せてご覧ください。

知る人ぞ知るタイの極上リゾート「ランタ島」とは?

<Sponsored Link>


バンコク・スワンナプーム空港からクラビ空港へ

バンコクのスワンナプーム空港から1時間15分ほどのフライトでクラビ空港に到着します。
国内線だからパスポートはいらないかと思いきや全然、チェックインから搭乗まで随所でパスポート提示を求められ、結局フル活用しました。

今回初めてタイスマイル航空を利用。
機内サービスにバンコクで行ったことのある可愛いカフェ「After You」のチョコレートケーキが提供されて、テンション上がる私。

機内誌によると、12/25-1/1までのキャンペーンとのこと!ラッキー。

あれ、そういえばこの日は1/2。

さては余ったな。

CAさんにとびきり可愛い子がいて、同僚だったら是非お友達になりたかったな、などと思いを馳せながら快適なフライトタイムを過ごし、無事クラビ空港にランディング。

クラビ空港からタクシー

滞在先にあらかじめ送迎タクシーを依頼しており、クラビ空港に到着し出口を出たらすぐ、私たちの名前を掲げたドライバーが出迎えてくれました。

名前は忘れてしまったけれど、バリ島のチャングーでお世話になったドライバーがワヤンという名前だったので、勝手にワヤンと呼ぶことにします。

参考リンク→ヨガ・サーフィン・スパ三昧!人気急上昇中のバリ島チャングーに滞在!

グラサンに胸元広めの派手なシャツに身を包んだワヤン、ここが南国でなければ完全にヤカラにしか見えませんが、開口一番「ハッピーニューイヤッ!」と新しい年の幕開けを喜んでいました。

ワヤンに連れられタクシーに乗り込み、ここから滞在先までどのくらいかかるか尋ねると、しばしの沈黙ののち「…ノーイングリッシュ、、、ハッピーニューイヤッ!haha」と。

直後、私たちは示し合わせたわけでもないのに2人してGoogle Mapsを開いていたっていう。
しかし陸路が繋がっていないため、Google Mapsは無情にも、かかる時間を示してはくれません。

過去の記憶が蘇る。

あれは2年前、セブ空港からマラパスクアへの3時間半の道のり、舗装がなされていないでこぼこ道に揺さぶられ、真っ青になりながらこみ上げる◯×△♨を必死に抑え、辛い思いをしたことを。
参考リンク→ニタリの住むフィリピン・マラパスクア島に滞在

Google Maps上の現在位置をちらっと見やりつつ、外の景色を眺めることにしました。
年明け間もないからか、ここが田舎だからか、わりとスムーズに車は走ります。

バンコクの万年大渋滞と比較すれば、いや、比較するまでもなく、快適な走りを見せています。いいぞワヤン、その調子だ!!

現在位置の表示もスムーズに南下。この感じだと1時間もせず港について、フェリーで20分くらい、そこから30分くらいかしら?と雑な予想を立てる。

車に乗ったままフェリーに乗る

本土からランタ島へは車に乗ったまま船に乗り込みます
正月早々ランタ島に行こうとする人はまぁまぁいるらしく、フェリー乗り場に到着した頃には十数台の車がすでにスタンバイしていました。

待つこと15分程、ランタ島からの車を乗せた船が港に到着し、次々に車が出てきます。

すべての車が降りた後に私たち含めランタ島に向かう車が1台ずつ船に乗り込み、係員の誘導のもと車がうまく船上に組み込まれるその様はまるでテトリスのよう。

船上に乗るだけ車を乗せ切って、いざランタ島へ出航!!
決まりなのか面倒くさいからなのか、船上の車はほぼエンジンをふかしたまま。
外に出て海を眺めたかったけれど、この密集した車の排ガスを吸ってしまったら喉がやられそうで、おとなしく車で待機。

ワヤンは外に出て、同じドライバー仲間らしき人とおしゃべりしているのが車の隙間から見えた。きっと新年の訪れを互いに祝っているにちがいない。

このフェリーの時間の読みが外れて、40分くらいは乗っていたような気がする。
揺れはそんなに感じなかったけれど、周囲を車で囲まれて密閉された空間は結構辛かった。
彼は隣で年末に放送された「RIZIN」の動画を鑑賞している。

そんなこんなで時が経ち、ワンバウンド大きく船が揺れたかと思ったらワヤンが車に戻ってきた。ランタ島に到着したらしい。

また一台ずつ順に降りて行き、各々の目的地へと向かいます。

降りてびっくり、今度はランタ島からクラビ本土へ向かうフェリーを待つ車が長蛇の列をなしています。2〜3kmは続いているんじゃなかろうか。

これやばいねー、飛行機乗り遅れちゃう人とかいるだろうね。フェリーの人も休みなしで大変だね。と日本語で話していると、おもむろにワヤンが「ニューイヤーニューイヤー」と話に参加してきた。
私たちは、おそらくワヤンは「こんなに長蛇の列になるのは今が正月だからだ」と伝えたかったのだと受け取った。

年末休みを利用してランタ島に来て年越しを迎えた後、この年明けに家に帰る人が多いのでしょう。

ラストスパート、滞在先まで急ぎます。

最終目的地、丘の上のAirbnbへ

ランタ島は言わずもがなビーチリゾートですが、私たちが滞在する場所は木々に囲まれた小高い丘の上、ビーチからは徒歩20分くらい離れています。

なぜあえてビーチリゾートで、ビーチから離れた場所にしたかというと理由があります。

2004年12月26日に発生したスマトラ島沖地震、マグニチュード9.1という大きな地震だったため、多くの方が津波に飲み込まれ亡くなりました。
死者は22万人と言われておりますが、この中には正月休みを利用してアジアンリゾートを訪れていた多くの観光客も犠牲になったとのこと。

タイの離島はヨーロッパの人々に大人気のリゾートで、日本人がハワイ大好きなように、このあたりもどこへ行ってもヨーロッパ人がたくさんいます。
従ってこのスマトラ島沖地震による犠牲者の中には彼の母国スウェーデンの人々も多くいたと言い、彼の中で強い思いがあったようです。

そんなわけで今回の滞在場所は、ビーチから離れた場所にしたわけです。

オーシャンフロントのヴィラは超素敵でラグジュアリーで泊まりたかったけど、高すぎたから泣く泣く諦めた…という理由があったかどうかはあなたのご想像にお任せします。笑

脱線しましたが、船着き場から滞在先へ向かう道中、一つ大きな橋を渡りました。
この橋は最近できたもので、橋が完成する前はもう一回船に乗る必要があったと言います。
橋が完成したことによってアクセスしやすくなって、今後さらに観光客も増えるかもしれませんね。

その後20〜30分車を走らせ、目的地に到着!お疲れさまでした!!

おわりに

クラビ空港にランディングしたのが午後3時すぎ、それから荷物をピックしてワヤンと合流し、滞在場所に着いたのがサンセットの始まる頃(午後6時頃?)だったので、計2時間半〜3時間くらいかかったのかな。

私の結論としては「アクセスしやすい場所ではないが、マラパスクアよりマシ」
以上!お読みいただきありがとうございました!

ランタ島2か月の滞在を終えての感想をまとめました。ぜひご覧ください。
タイ・ランタ島に2か月間滞在して感じたこと13個まとめ

<Sponsored Link>


コメントを残す