タイ・ランタ島でバイクをレンタルした話

こんにちは、nasupiです。

旅先でバイクをレンタルすると行動範囲もぐっと広がって楽しみが増えます!
サントリーニ島バリ島チャングーに引き続き、今回のタイ・ランタ島でもバイクをレンタルしました!

ランタ島でのバイクのレンタル方法やレンタルバイクの選び方のコツ、給油方法などをお伝えします。

<Sponsored Link>


ランタ島でのバイクレンタル方法

 

バイクのレンタルショップはランタ島のいたるところにあるので、借りる場所に困ることはないでしょう。

私たちは宿泊しているバンガローのオーナーさん経由でレンタルしました
こうすれば、少し割高になるかもしれませんがバイク屋さんが宿泊場所までバイクを持ってきてくれますし、返却も宿泊場所に置いておけばOK。

そういえばレンタルするときに国際免許や通常の免許の提示は求められなかったな…。
オーナーさんはチェックインのときパスポートの写真を撮っていたので、もしかしたらレンタル時にバイクショップでパスポート提示くらいは求められるかもしれません。

タイはゆるいね…サントリーニ島でバイクレンタルした時は結構厳しかったですけどね。

私たちがランタ島でレンタルしたバイク

いわゆる原付(スクーター)、1日200Bと言われましたが、2か月8000Bで良いと。

バンガローのオーナーさんを経由したので値下げNGでしたが、他の観光客と話した際、その人はバイクレンタル屋さんに直接交渉して1日100Bまで値切ることができたとのこと!

価格重視ならば直接レンタルショップで交渉した方がいいかもしれません。

レンタルバイク、試乗は必須

タイはよく言えばマイペンライ精神(なんとかなるさみたいな意味)、悪く言えば適当なのでバイクは絶対試乗した方がいいです。

私たちも3つ試乗させてもらいましたが、1つは見た目はかわいいのにブレーキ音が「キェエエエエエッ!!」とすさまじくやかましい、2つ目は一番ピカピカで新しそうだったのにブレーキの効き方と発進時のスピードアップがなんだか鈍めだったので、残る1つのまともなバイクを選びました。

バイクも見た目で選んだらだめですね。実際に試すことが大事。

他にもいろんなレンタルができる

ランタ島のいたるところ(レストランやお土産やさんなど)でもこの広告をよく見かけます。お値段の目安にしてみてください。

こんなトゥクトゥク、ランタ島で見たことないんだけど!!近未来的!!

ファミリーに最適なレンタルトゥクトゥク

ランタ島でたくさん見かけるこのトゥクトゥク、タクシー利用だけではなくなんとレンタルもできるとのこと。

同じバンガローに滞在していた、子供3人いるファミリーがレンタルしていました。

しかもトゥクトゥクはいろんな柄が選べますので、お子さんが喜ぶかも。

ちなみにレンタルするなら1日500Bで、長期利用で割引可とのこと。

レンタルバイクのガソリンがなくなったら

ガソリンはいたるところに無造作に売られています。
瓶の場合は1瓶で40B。お店の方がじょうごを使って荒く注いでくれます。

セルフスタンドもあり、ほぼエンプティの状態から入れたら100Bでタンクの70%くらいにはなります。

レンタルバイクでビーチ巡りなどを楽しんで

行動範囲が広がると見える世界も変わります。

ランタ島の南部の方は中心部よりも手つかずの自然が残されており、道端で野生動物とばったり出くわすこともしばしば。

ランタ島にはビーチがたくさんありそれぞれに個性があるので、バイクでビーチに降り立っては泳ぎ次のビーチへ、なんていうビーチ巡りも最高です。
反対に北側へ向かうと、港町の雰囲気も楽しめます。

ぜひバイクレンタルして島探検を楽しんで!

ランタ島おすすめビーチをまとめました!是非併せてご覧ください。
タイ・ランタ島の最高にくつろげるおすすめビーチ5選

 

 <Sponsored Link>


コメントを残す