ランタ島の東側にある「オールドタウン」へデイトリップ

こんにちは、nasupiです。
現在私は、タイ・クラビ県の離島、ランタ島に滞在しています。

ランタ島の西側はリゾートの多く集まるエリアで、現在私たちも島の西側に滞在しています。

今回ご紹介するのはその反対側、ランタ島の東側にある「オールドタウン」

彼の通うジムのオーナーさんオススメの観光スポットで、眺望の良いレストランがあったり、質の良いハンドメイド品が安価で売られているのでショッピングも楽しめるとのこと。

バンガローでのんびりする毎日もいいけれど、たまにはバイクでデイトリップをしてみよう!ということで「オールドタウン」行ってきました。

 
<Sponsored Link>


水上レストラン「Pinto」でランチ

バイクで30分ほど走りオールドタウンに到着すると、お店がたくさん連なっているメイン通りが現れます。

通りの海側にレストランが多く存在し、その向かい側にはお土産やさんがひしめき合っています。

まずは腹ごしらえにと、海が見えて眺望が良さそうな「Pinto」というレストランへ。
席に案内されると、客席は海の上、正面には広がる海というナイスな眺望。奥には客席からつながる桟橋と、その一番端にはスペシャルシートが。このスペシャルシート、眺望は最高なのですが常に日向なので30度を超えるこの暑さの下では誰も座っていませんでしたね。

オーダーしたのは、ツナサラダ、チキンチャーハン、シーフード野菜炒め。

どれも美味しかったし、割とリーズナブルでした。

メイン通りとは逆方向へ

以前同じバンガローに宿泊していたオーストラリア人の方が、「オールドタウンのメイン通りとは逆に行くといい感じのカフェがあった」という話をしていたので、そのお店を探しがてらメイン通りとは逆方向へ。

ロータリーを背にして進んでみると、こちらは打って変わって落ち着いた雰囲気。

ゲストハウスや、ローカルの住人のお家、ちょっとしたカフェなどが立ち並んでいます。

一番端まで行くと、ビーチのような、船着き場?のようなところへ出ます。

おしゃれカフェ「Shanti Old Town」へ

端まで来たので、来た道を引き返します。

オーストラリア人の方が言っていたお店かはわかりませんが、端まで行く途中に見つけた洒落た雑貨屋さん件カフェ「Shanti Old Town」で一休みすることに。

中へ入ると陽気なフランス人のスタッフさんが気さくに案内してくれます。

コーヒーもあるしフードもあるし、アイスクリームは日替わりで手作りしているとのこと。
私たちはエスプレッソとアイスクリームをオーダー。

エスプレッソはレコードの上に乗って出てきてびっくり。さすがフランス人(?)、ハイセンスですねぇ。

アイスは、私はラベンダー味、彼はミックスベリー味にしたのですが、それに加えておまけでシナモン味も出してくれました。

注文したアイスたちもとても美味しかったのですが、おまけのシナモン味のアイスが正直一番美味しかったっていうね。

果てには怪しげなリゾート

おしゃれカフェを後にし、東側の道路の最果てまで行ってみよう!とバイクを走らせます。

行き止まりに差し掛かる時、「パイレーツ・パラダイス・リゾート」という怪しげなリゾートの看板が。

到着するとちょうどプールパーティーのイベントが開催されており、大音量のクラブミュージックに、イケイケのヒップスターたちがプールで楽しんでいました。

このリゾート、名前が「パイレーツ」なだけあってバンガローも船の形!!

ひとしきり見学し、帰途につきました。

おわりに

オールドタウンに行くまでの、島の西側から東側へ続く道は自然が多く木々のトンネルをくぐったり丘を越えたり、それだけで十分楽しめました。

結局オールドタウンではショッピングはしなかったけれど、革製品やハンドメイド品は可愛いものがたくさん!バラマキ土産購入にも良さそう。

レストランもカフェも、眺望を生かしたおしゃれな作りでのんびり過ごすことができました。

このデイトリップ、西側のリゾート地帯とはまた違った落ち着いた雰囲気を楽しめました。ランタ島に来たら外せないスポットの一つ決定です。

オールドタウンの所在地

住所:Ko Lanta Yai, ランター島 クラビー 81150 

タイ・ランタ島に2か月滞在した感想をまとめています。併せてご覧ください。
タイ・ランタ島に2か月間滞在して感じたこと13個まとめ

 
<Sponsored Link>

コメントを残す