入国審査のパスポートに押されるスタンプ確認していますか?私間違われたよの巻

こんにちは、nasupiです。

みなさま、海外へ入国時、パスポートに押されたスタンプをその場で確認していますでしょうか??

短期滞在ならまだいいかもしれませんが、ビザを取得して長期滞在する方は、マジで確認したほうがいい。

入国審査官の間違いのせいで、自分が不法滞在扱いされちゃあたまったもんじゃありませんよね。

入国審査官も人間ですので間違うこともありましょう。それは分かっていましたが、まさか自分がそんな場面に出くわすとは

 <Sponsored Link>

ビザ入国は一目瞭然…のはず

私はタイへ、観光ビザのマルチプルエントリーで入国しています。

いろんなサイトに「押されたスタンプの滞在可能期間を確認しましょう」と書いてあったけれど、「ビザとっているのに、ノービザと間違う審査官なんていないでしょう〜」と思っていました。

※東南アジアのノービザ入国滞在可能期間はこちらを参照ください。
ほとんどがノービザで入国OK!東南アジアの観光ビザ事情

パスポートの1ページ分まるまるを埋める大きなビザがあり、さらに機内で配布される入国カードにしっかりとビザの番号を記入しますので、そこに記入がある時点でノービザエントリーではないことは一目瞭然です。

ただ念のため、入国審査を終えたらその場でスタンプを確認する習慣をつけていました。これがのちに幸いすることに。

間違われた〜発見〜訂正の流れ

この時は羽田→ドンムアン(バンコク)のフライトでした。
ドンムアン空港に到着し、やっと入国審査まで来た時。

いつも通り、ビザ入国と分かるようビザのページにタイの入国カードを挟み提出しました。ちなみに今までこうやって出して間違われたことはありません。

けだるそうに仕事をしているタイ人の入国審査官、何も言葉を交わさずにスタンプだけやたら張り切った音で押し、パスポートが返却されました。

これもいつも通り、入国後すぐにパスポートのスタンプを確認すると何やら様子がおかしい。

「あれ?滞在可能日数が30日になっている!」

本来ならば、観光ビザの滞在可能期間は60日であるため、「TR60」もしくは「TR」と書かれているはず。

しかし、空路のノービザ入国の滞在可能日数は30日のため「ผ.30」となるのですが、この時はビザあり入国にもかかわらずこのスタンプが押されてしまいました。

はじめは、「あと1か月くらいでビザの期限が来るから30日になっているのかな?私が知らないだけで、そんなルールがあるのかな?」と思い間違ったのかどうかの確信が持てなかったのですが、あとから入国してきた彼のパスポートを見せてもらうと彼のパスポートにはちゃんと「TR」が押されていました。

あ、これ間違われたんだ…とそこではっきりと分かり、次の人の入国審査が始まる前にさっきのオヤジ入国審査官に、

「私は観光ビザを持っているから滞在期間は60日になるはず!!

と言うと、はじめはびっくりして「Oh…」と言ったあとに。

さすが、自分の間違いを頑なに認めないタイ人。
「ビザのページを開いて見せないお前が悪い!」とのたまう。

えー、逆ギレー…

私も配慮が足りなかったかもしれないけれど(今までそれで間違われたことがなかったので)、全く非を認めない彼の態度にちょっとイラっとしましたが、ここでヒステリックになって入国審査官に

「あなたみたいな短気な人はタイの入国に相応しくないので、入国を拒否します。」

とか言われたら困るので、おとなしくふてくされるにとどめますた。(ブー
んで、なんかテキトーに手書きで直されたのがこれ。

システム上もちゃんと訂正したのかは知らない。笑
まぁこの時はタイに30日も滞在しないうちにマレーシア旅行が控えていたので、そこまでチェックはしなかったけれど。
もし間違われて、60日みっちり滞在する予定だったら、システム上も訂正したのか確認してからその場を後にしたほうがいいですね。

まとめ

ビザ入国のみなさん、入国審査を終えたらその場ですぐスタンプのビザ種別と滞在可能期限の日付があっているか確認しましょう(そしてビザのページを開いて入国審査官に提出しましょう)

私は今回その場で気づくことができたのですぐ訂正してもらいましたが、家で気づいたら面倒臭いことになっていたと思います。

日本ほど言葉もスムーズに通じませんし、海外に出たら自分の身は自分で守る!という精神で何事も確認をしたほうがいいですね。

皆様の海外滞在が安全で素敵なものになりますように。

 <Sponsored Link