【バンコクで出産〜産後編#3 】赤ちゃんのパスポート新規作成@在タイ日本大使館

ご覧いただきありがとうございます、nasupiです。

バンコクで出産〜産後編シリーズ3回目となる今回は、

【赤ちゃんのパスポート新規作成@在タイ日本大使館】

をお送りいたします。

新しく生まれた赤ちゃん(以下「赤ちゃん」)の名前が記載された戸籍謄本がバンコクの自宅に届いたので、パスポート新規取得すべく在タイ日本大使館に行ってきました。

<Sponsored Link>

赤ちゃんのパスポート取得に必要なもの

※父母のいずれかが外国人の場合に必要なものになります

・一般旅券発給申請書(5年用) 1部

在タイ大使館で入手できます。私は出生届提出時に窓口の職員さんから直接」いただきました。子供のパスポートなので、必ず5年用を使用すること。

・3.5cm×4.5cm証明写真 2枚

申請前6ヶ月以内に撮影し、正面を向き目を閉じていないもの。

私はCKV Photo Digitalで撮影したものを使用しました。

・戸籍謄(抄)本 1部

発行日から6ヶ月以内のもの。

・外国パスポートもしくは病院の出生証明書

父母のいずれかが外国人の場合に必要。非ヘボン式綴りの確認として使用。

・発給手数料 1740バーツ(2022年12月現在)

受け取り時に支払い。

赤ちゃんのパスポート取得の流れ

在タイ日本大使館でのパスポート取得の基本的な流れは以下の通りです。

1)在タイ日本大使館へ「出生届」の提出

父母のいずれかが外国人の場合は、在タイ日本大使館へ出生届を提出する際にタイ役所発行の「出生登録証」とその和訳が必要です。

参考記事:【バンコクで出産〜産後編#1】在タイ日本大使館に出生届提出・出生登録証の翻訳

2)赤ちゃんの名前が記載された戸籍謄本の取得

こちらは、在タイ日本大使館へ出生届提出してから1ヶ月半ほど経ったのちに、日本に住む実母に依頼し役所へ取りに行ってもらいました。その後タイの自宅へ郵送してもらい入手。

3)在タイ日本大使館へパスポート新規作成の申請

(赤ちゃんを連れていく必要はありません

予約は不要なので、都合の良い日に必要書類を揃えて在タイ日本大使館へ。

4)在タイ日本大使館にてパスポート受け取り

(赤ちゃんを連れていく必要あり

新しいパスポートは3営業日以降に受け取れます。受け取り時に料金の支払い。

記載事項に間違いがないかを確認したら、無事終了となります。

在タイ大使館 所在地情報

所在地:177 Witthayu Rd, Lumphini, Pathum Wan, Bangkok 10330
開館時間:8時30分~12時00分、13時30分~16時00分
休館日:土日祝(大使館ホームページをご確認ください)
大使館HP:https://www.th.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html
電話番号:022078500
Google Maps:

おわりに

日本のパスポートは書類さえ揃えばスムーズに入手することができます。

この後私たちはスウェーデンのパスポートも入手することになるのですが、そちらは申請予約に数ヶ月かかるうえ受け取りにも時間を要し、さらには赤ちゃんの写真は当日スウェーデン大使館にてその場で撮影するのでまあてんやわんやです。

バンコクで出産〜産後編シリーズ次回はそのスウェーデンパスポート取得の模様をお届けしたいと思いますのでお楽しみに(笑)。

【バンコクで出産〜産後編#4 】赤ちゃんのパスポート新規作成@在タイスウェーデン大使館

<Sponsored Link>

>>バンコクで妊娠出産シリーズに戻る
>>HOMEに戻る