インドネシア伝統のパダン料理(Masakan Padang)を食べよう!注文方法・食べ方・おすすめのお店をご紹介

こんにちは、nasupiです。

バリ島の道路をバイクで走っていると、何度も目にする「Masakan Padang」の文字。

マサカンパダン?なんだろうなぁ〜と思い調べてみると、Masak=料理する+an(名詞化)、Padang=スマトラ島にあるパダン(地名)、つまりインドネシアの伝統的な「パダン料理」のお店ということが判明!

おかずの乗った大皿がうまいこと積み上げてディスプレイされており、通りかかるたび気になったのでトライしてみました。

この記事では、パダン料理の独特な注文方法や定番メニュー、料金システムなどをご紹介いたします。

<Sponsored Link>

パダン料理(Masakan Padang)とは

パダン料理とは、バリ島の西にあるスマトラ島パダン地方の伝統料理。地域によってはナシパダンとも呼ばれます。

数種類のスパイスやトウガラシを使ったスパイシーなものが多く、肉や魚をココナッツミルクで煮込む料理が多いのも特徴。

店先に「Masakan Padang」の文字が見えたり、ずらりと並べられたおかず入りの大皿があれば、そこはパダン料理のお店です。

パダン料理の定番人気メニュー

ダウンシンコン(キャッサバの葉)
茹でたキャッサバの葉。葉っぱ自体はティーリーフ(お茶っぱ)のような食感とほのかな苦味ですが、たいていカレーソースをかけてくれます。

ルンダンサピ(ビーフレンダン)
牛肉をスパイスとココナッツミルクで数時間煮込んだもの。分かりやすく言うと、スパイスの香るビーフシチューでやわらか〜いお肉は病みつきに。私のお気に入りメニューです。

アヤムゴレン(フライドチキン)
骨つきチキンをカリッと揚げたもの。ケン○ッキーフライドチキンを連想させます。笑
店によって、スパイシーなソースがかかっているアヤムゴレンもありました。

カリアヤム(チキンカレー)
数種類のスパイスとココナッツミルクを使用して作られたチキンカレー。ご飯やキャッサバの葉にかけてくれます。ご飯が進む〜。

プルクデル(インドネシア風コロッケ)
私たちが思うポテトコロッケの、衣がないバージョンを思い浮かべていただければ、大体それです。
ポテトコロッケにパン粉をつけず、フライパンで揚げて作るのだそう。

テンペゴレン(発酵大豆の揚げ物)
ベジタリアンやヴィーガンの方にはおなじみのテンペを、油でカリッと揚げたもの。

テロンゴレン(ナスの油炒め)
火のクタクタに通ったナスはとろりとした美味しさ。テロンゴレン自体は辛くないけれど、付け合わせのスパイシーソース「サンバル」をつけていただくととても美味。

パダン料理にはこの他にも多くの種類があり、お店によってもおかずの種類が変わるので、いろんなお店にトライしてみるのも面白いですね。

パダン料理の注文方法

ワルン・パダン(パダン料理の簡易食堂)ではおかずが種類別に大皿に盛られて店先にディスプレイされているので、欲しいおかずを指差して注文します。

ここで気をつけたいのが、パダン料理はビュッフェではないということ。

ご飯とキャッサバの葉はたいてい無料で付いてきますが、おかずは1つごとに値段が付いているので、選んだおかず分の合計金額を最後に支払います
食べ放題だと思っててんこ盛りにすると、その分高くつくことになりますのでご注意を。

私たちは行きませんでしたが、伝統的なパダン料理レストラン(ルマ・マカン・パダン)だと、自分たちのテーブルにおかずの盛られた大皿がずらりと並べられます。盛られた大皿料理を一口食べても全て食べても、手をつけた分だけ料金が発生するシステム。

パダン料理の食べ方

パダン料理をローカル風に食べるなら、右手でおかずとご飯をつまんで食べるのが現地流(左手は不浄の手とされているので使用しない)。
そのため、どのパダン料理のお店でも目につくところに手洗い場が用意されていました。フィンガーボウルが提供されるところも。

もちろんフォークとスプーンの用意もあるので、それらを使用してもOK。

郷に入れば郷に従えでパダン料理を手で食べてみるのも、その土地の文化に触れられる気がして楽しいかもしれませんね。

バリ島ウブドでおすすめのパダン料理店

Masakan Padang Kedewatan Putra minang

お肉類をモリモリ持っても35万ルピア程度と安価。柔らかなレンダンサピは必食メニューです。

所在地:Jl. Raya Kedewatan No.26, Kedewatan, Ubud, Kabupaten Gianyar, Bali 80571 Indonesia

Puteri minang

ウブド王宮から550mほど東へ進むとあります。徒歩にして約7分と好立地。おかずの値段も全てメニュー表に記載されているので、明瞭会計で安心。ちなみに店員さんの元カノは日本人とのこと。

所在地:Ubud, Kabupaten Gianyar, Bali 80571 Indonesia
営業時間:9時~22時

RM Padang Simpang Tiga

フォーシーズンズやサマヤといった高級リゾートが立ち並ぶラヤ・サヤン通りを南に進んだところにある三叉路に建つこちらのお店。愛想の良いおじさまが接客してくれます。

所在地:Jl. Raya Sayan, Sayan, Ubud, Kabupaten Gianyar, Bali 80571 Indonesia
営業時間:8時~22時

おわりに

旅に出たらその土地ならではの料理を楽しむのも、旅の大きな楽しみですよね。

ぜひインドネシアをご旅行される際には、この「パダン料理」を食べることをお忘れなく!きっとその美味しさに虜になることでしょう。

バリ島ならではの料理といえば「バビグリン」も必食です。おすすめのバビグリン店をまとめた記事も是非併せてご覧ください。
バリ名物料理「バビグリン」地元民イチオシの7店をエリア別にご紹介

<Sponsored Link>

>>バリ島滞在記に戻る
>>HOMEに戻る