アーリーのJOSH HOTEL内【アリレシピ(Ari Recipe)】ふわふわかき氷に歓喜

こんにちは、nasupiです。

2月の日本への一時帰国を終えバンコクに戻ってくると、うーん、暑い!!

極寒真冬の日本からのコントラストも相まって、バンコクってこんなに暑かったっけ!?と改めてビビっています。

こんな常夏の国で食べたくなるのは…そう、かき氷

ちょうどいいタイミングで仲良しのお友達が「気になっているかき氷がある!」と誘ってくれ、アーリーにあるカフェ【Ari Recipe(アリレシピ)】へふわふわかき氷を食べにいってきました^^

<Sponsored Link>

アリレシピのあるJOSH HOTEL

今回のお目当てのカフェ「アリレシピ」は、BTSスクンビット線アーリー駅から徒歩約6分の場所に建つ「ジョシュホテル(JOSH HOTEL)」内にあります。
JOSH HOTEL HP→http://www.joshhotel.com

こちらのジョシュホテル、外観がスモーキーグリーンでとても可愛らしい。
お友達曰く、内装もモダンヨーロピアンでとっても素敵なんだとか。さすがオシャレタウンアーリーのホテル。ぜひ一度宿泊してみたいものです。

今回は、このジョシュホテルのエントランスを正面にして左手にあるアリレシピに突入です。

アリレシピの可愛い店内

お店に入った瞬間、あら不思議。広いオシャレ空間の中になんだか懐かしい雰囲気を感じる…。

よく見ると、店内の随所に和のエッセンスが散りばめられています!!

異国の地で、こういうささやかな和に触れることができるとなんだかホッとしますよね。

アリレシピのご飯メニューも、和食が中心です。焼き魚定食にだいぶそそられましたが、今日はかき氷を食べにきたんだった…!と気持ちを引き締め、メニューブックの後ろの方にあるデザートメニューを眺めます。

ちなみにかき氷のレギュラーメニューは以下の通り。

お友達が事前に調べて気になっていたという「ほうじ茶かき氷」がこちらにはなかったので聞いてみると、別メニューを出してくれました。
そのメニューの中に、今回私のオーダーしたさくらかき氷もあります。

ふわふわかき氷の登場

タイティーかき氷もだいぶ気になりましたが、今回私がチョイスしたのは「さくらかき氷」
こちらには黒みつも添えられていますが、まずはそのままのさくらかき氷を一口。口に運んだ瞬間に「しゅん…」と溶けて、優しいクリーミーなさくらの香りがふわっと口鼻に広がります。あぁ〜なんて幸せな瞬間…。

その後、黒みつもかけていただきましたが、これまたとっても美味。

かき氷の横には、ピンク色のおだんご、ゆずシャーベット、ドラゴンフルーツが添えられています。おだんごはシンプルなお味だったので、余った黒みつをかけていただきました。

お友達のほうじ茶かき氷も一口いただきましたが、まさに「濃厚なほうじ茶」。ほうじ茶独特の渋み・苦味をそのままに、スイーツとしての甘さを加えてとても味わい深い上品なかき氷でした。

お会計

・ほうじ茶かき氷(Hojicha Kakigori)185THB
・さくらかき氷(Sakura Kakigori) 230THB

これにVAT7%・サービスチャージ10%が加算されて、合計488.46THB。

アリレシピ(Ari Recipe)店舗情報

所在地:19/2 Ari 4 Fang Nua Alley, Khwaeng Samsen Nai, Khet Phaya Thai, Krung Thep Maha Nakhon 10400
最寄り駅:BTSスクンビット線 アーリー駅(Ari)徒歩約6分
電話番号: 065 385 5565
営業時間:11時~23時(金・土のみ〜0時)
定休日:なし
Facebookページ:@arirecipe.th
Google Maps:

おわりに

アリレシピ(Ari Recipe)のかき氷は、1セットで非常に満足感を得ることができました。付け合わせのお菓子たちも日本人が好むものがセレクトされており、センスの良さが伺えます。

海外在住日本人にとってはオアシスのようなカフェですね。次回はご飯メニューも挑戦してみたいな。

<Sponsored Link>

>>バンコク滞在記に戻る
>>タイ滞在記に戻る
>>HOMEに戻る