バンコク・ポーンプラープ区のカフェ【Eden’s】アンティーク空間と魅力的なスイーツの数々

こんにちは、nasupiです。

バンコクに住むお友達と、ポーンプラープ区のカフェ巡りをするきっかけとなったのが、グーグルマップ上でとっても可愛らしいカフェを見つけたから。

そのきっかけとなったカフェというのが、こちらの【Eden’s】です。

クラシカルな内装と可愛らしいスイーツに魅せられて、ボートに乗って訪れてみました。

<Sponsored Link>

Eden’sはボートの船着場終点すぐ

今回Eden’sのあるポーンプラープ区までは、「Khlong Saen Saep Express Boat」という、バンコク主要エリアを横断するボートを利用して訪れました。

Khlong Saen Saep Express Boat ホームページ→http://khlongsaensaep.com

船の終着点「Phanfa Bridge」からEden’sまでは、徒歩およそ1〜2分で到着します。

船を降りるとトゥクトゥクの客引きが寄ってきますが、「私はすぐそこのEden’sへ行くの。」と笑顔で振り切りましょう。

お店の外観は、このような可愛らしいモスグリーンの建物です。

可愛らしいアンティーク調のEden’s店内

店内はクラシカルヨーロピアンと言いますか、アンティーク調でまとめられており古き良き中世ヨーロッパを思わせます。落ち着いた色合いが不思議と心を落ち着かせ、居心地のとても良い空間がそこにはありました。
壁に飾られた絵画や、天井から吊るされたシャンデリアも重厚感を素敵に醸し出しています。

かと思えば、置かれている椅子はなんだかモダン。こういったコントラストもまたおしゃれの上級テクなのでしょうね。

魅力的なスイーツがディスプレイ

何と言ってもこちらのお店は、スイーツの魅力が炸裂しています。

ディスプレイの仕方もインテリアに溶け込むように大変センス良く並べられており、見ているだけで心トキメク。

さらにスイーツ自体も1つ1つにこだわりを感じ、どれを選んでも絶対ハズレがないのだろうと感じさせます。

私が特に気になったのが、このブラックボードに書いてある「オリーブオイルケーキ」。

焼きたてでまだディスプレイがされていなかったのですが、店員さんに尋ねると奥から出してきて見せてくれました。

桜の塩漬けが可愛く乗せられているラブリーなケーキでした。

レモネードといちごタルトをオーダー

この時はスッキリしたものをごくごく飲みたい気分だったので、飲み物はレモネードをチョイス。爽やか〜。お友達の頼んだアイスカフェオレも美味しそうでした。

スイーツの方は結局、オリーブオイルケーキは焼きたてでまだ温かく今食べるのはおすすめでないとのことだったので、悩みまくった挙句にいちごタルトをチョイス。

今は北タイ産いちごのシーズンなのか、スーパーでも露店でもよくいちごを見かけます。そして特徴的なのが、色が白っぽいこと。

こちらのタルトのいちごもそんな感じで赤み控えめでしたが、甘さは抜群!ジューシーないちごに大満足。タルト土台のチーズ部分との相性もピカイチで、ぺろっと平らげました。

あまりにも即完食したので、オリーブオイルケーキも食べちゃおうかと考えましたが、これから何軒かカフェをはしごする予定があったのでギリギリ諦められました。それがなかったら絶対食べていたわ。危ない危ない。

Eden’s 店舗情報

所在地:7/1 Lan Luang Rd, Khwaeng Wat Sommanat, Khet Pom Prap Sattru Phai, Krung Thep Maha Nakhon 10100
電話番号: 02 625 2000
営業時間:9時~17時(金曜日のみ20時まで営業)
定休日:月曜日
Facebookページ:@Edens
Google Maps:

おわりに

初めて訪れたポーンプラープ区でしたが、まさかEden’sのようなおしゃれカフェがあるとは思いませんでした。バンコクは広い!まだまだ開拓の余地がありそうです。

そしていつもはBTSかタクシーが主な移動手段でしたが、今回のボートのように、普段と違う移動手段というのも新たな発見があって面白いものですね。

またこちらのEden’sにも再訪したいですし(オリーブオイルケーキまだあるかな)、その周辺もも〜っと散策してみたいです^^

そういえば帰り際、Eden’sの店員さんがおもむろに1枚のカードを差し出してきました。

何かと思えば、同じ道沿いにあるマムアンショップのご案内でした^^

そのマムアンショップについての記事も、あわせてご覧くださいね。
バンコク旧市街近く【マムアンショップとVL by Vee(ヴィーエルバイウィー) 】素敵なご夫婦のお店

<Sponsored Link>

>>バンコク滞在記に戻る
>>タイ滞在記に戻る
>>HOMEに戻る