オンヌットのお洒落レストラン【クルアクンポン】南国トロピカルなリゾート感溢れるお店

こんにちは、nasupiです。

ものすごいスピードで開発が進むバンコクの中でも、進化しつつも下町の面影を残す街、「オンヌット」

以前そんなオンヌットにとても素敵なカフェ(LAFF CAFE)ができてびっくりこいた私ですが、その近くにまたもやおしゃれレストランがオープンした模様。

それが、今回ご紹介する【クルアクンポン(ครัวคุณภรณ์)】です。

広々とした店内は開放感があり、南国トロピカルな雰囲気でとても素敵なレストランでした。

<Sponsored Link>

クルアクンポンへの行き方

最寄り駅はBTSスクンビット線オンヌット駅です。徒歩にして約8分。

オンヌット駅2番出口を出てプラカノン方面に進み、スクンビットsoi50を入ります。

あとはひたすらまっすぐ歩き(途中で道の反対側へ渡る)、しばらく行くと右手にクルアクンポンの可愛らしい建物が現れます。

クルアクンポン店内の雰囲気

シーサーのような役割を果たす(?)トナカイの間を通り、グリーンハウスのような建物へ入ると、開放感のある店内が迎えてくれます。

特に特徴的なのが、壁のボタニカルなアート。これによって店内がグッとトロピカルな雰囲気に。

テーブルや椅子、クッションなども南国リゾートにありそうな素敵なデザインのものばかり置かれており、食事をする以外にものんびりおしゃべりをしたり作業に没頭するのにも良さそうな雰囲気。

テーブル上やレストラン内の随所にさりげなく飾られている小物やインテリアもとても可愛らしく、見ているだけで癒される空間です。

クルアクンポンの特盛サラダ

こちらのお店にはタイ料理やステーキなどの洋食メニューもありますが、何と言ってもサラダの種類が豊富。

店員さん曰くこのお店のオーナーは、オンヌット駅前のショッピングモール「センチュリー」の地下に入っているサラダバーのお店のオーナーと同じ人なのだそう。

だからこんなにもサラダ推しなのね、と合点。

お友達はフルーツや具材のたくさん入ったサラダをチョイス。お花も散りばめられており、とっても可愛らしいサラダが届きました。

私は、自分で具材をチョイスできるサラダに挑戦してみることに。

ソース、トッピング5種を選び、スペシャルトッピングとしてチキンを載せてみました。

さすがはサラダバーのお店のオーナーが開いたお店、サラダはシャキシャキで新鮮ですし、ドレッシングも工夫が凝らされていて美味しい。そしてサラダのボリュームがデカイ!!

はじめは「サラダだけで足りるかな〜?」なんて話していたのに、この特盛具合にみんなして驚き!!

私たちの隣のテーブルに座っていた一人来店の男性はポークリブをオーダーしていましたが、やってきたそれは4〜5人でシェアできそうな特大ポークリブでした。

1つ1つのボリュームが大きいので、複数人で来店してお料理をシェアすると、いろんなメニューが食べられて楽しいかも。

クルアクンポンでのお会計

飲み物とサラダ2つにガパオプレート1つ、そして食後のコーヒーも含め、お会計は3名で870バーツ程度でした(VAT7%加算)。

平均予算1人300バーツ弱といったところでしょうか。タイ料理屋さんにしては少しお高めかな?

しかしボリュームがあるので、満足感は高いです。

クルアクンポン(ครัวคุณภรณ์)店舗情報

所在地:442 Soi Sukhumvit 50, Khwaeng Phra Khanong, Khet Khlong Toei, Krung Thep Maha Nakhon 10110
最寄り駅:BTSスクンビット線オンヌット駅(On Nut)徒歩約8分
営業時間:7時~19時
定休日:なし
Facebookページ:@ครัวคุณภรณ์
Google Maps:

おわりに

かつてはBTSスクンビット線の終点でもあり、ローカル感が残る街だと思っていたオンヌットもどんどん進化していて、街歩きするたびに驚きです。

今回訪れたクルアクンポンも2019年2月にオープンしたばかりとのことですので、このソイ50あたりはこれからもどんどん素敵なお店が出来ていくことでしょう。

おなかいっぱい食べられるサラダがとても気に入ったので、ラフカフェと合わせて近いうちにまた訪れたいです^^

このクルアクンポン、がっつり食べたいヘルシー志向の方にとてもオススメですよ。

<Sponsored Link>

>>バンコク滞在記に戻る
>>タイ滞在記に戻る
>>HOMEに戻る