バンコクのバーガー屋さん【Madcow Burger】でガッツリ系黒バーガーを食べる@アソーク

こんにちは、nasupiです。

私たちと同じくバンコクに住む、彼のジム友達(ごついヨーロピアン)におすすめされたハンバーガー屋さんがあります。

それが、アソークにある【Madcow Burger by Toni Santos

名前からしてゴリゴリの攻め系ですが、こちらのお店を調べてみるとやはり食べ応えのありそうな(カロリーの高そうな)ごついバーガーの写真が。ごつい男のおすすめはやはりガッツリ系の食べ物になるのですね。

明らかなるハイカロリーにビビりつつも、美味しいならトライせねば!とお腹をぺこぺこに空かせて訪れてみました。

<Sponsored Link>

Madcow Burger への行き方

最寄駅はBTSアソーク駅またはMRTスクンビット駅です。

BTSアソーク駅からは徒歩約7分。
駅を出たらアソークのメイン通り(スクンビットSoi21)を入り、右手2つ目のソイを入ります(1つ目はソイカウボーイですので、その次のソイ)。

MRTスクンビット駅からは徒歩約4分。
同じく駅を出てSoi21を北へ(BTSの駅と反対方向へ)と進み道路反対側に渡ったら、右手に現れる1つ目のソイを入ります。

しばらく進むと、スクンビットソイ23と合流する少し手前にMadcow Burgerの看板が現れます。

全面オープンエアなお店

暑い中歩き、ようやく涼しい店内にたどり着いた…と思いきや、めちゃめちゃオープンエアなお店でした。

エアコンはとても頑張って稼働していますが、いかんせんこのようにほぼ屋外ですので屋台にいるような感覚。

きっと、ごついバーガーを食べるなら暑さなんかにやられるな!ということでしょう。なるほど体育会系なお店です。

ごついバーガーメニュー他

レギュラーのバーガーメニューは左の4種類。

今回私はおすすめ印がついていて店舗名にもなっている「Madcow Burger」を選びました。彼は一番大きい「Fatcow Burger」をチョイス。

バンズの種類も全粒粉チャコール(食用炭)が選べたので、2人ともチャコールにしてみました。

メニューは他にもステーキやパスタ、サイドも数種類ありますが、サラダを頼もうとしたら品切れと言われました。なので今回はバーガーのみ。

「Asok」と言う名の新メニューも最近出たようです。

ちょっとスパイシーなのかな?気になったけれど、今日は冒険しないことに。

これがMadcowのバーガーだ!

オーダーしてしばらくすると、お待ちかねのバーガーが運ばれてきました。

彼のFatcow Burgerにはナイフ刺さっちゃってる!ダブルパティなのでこうしないと崩れてしまうのでしょうね。

私のMadcow Burgerは可愛らしく両サイドにカトラリーが添えられていました。

写真だとかなり大きく見えたのですが、意外とサイズ感はちょうど良い塩梅です。

さて、早速一口。表面がこんがり焼かれたお肉はとってもジューシー!そしてトロトロチーズがたっぷり。
気になっていたチャコールの黒バンズは癖なく少し甘みがあり、バーガーの味を邪魔せずに引き立ててくれます。

香ばしいバーベキューソースの味がやや強めなので、ジャンキーなものが食べたくなった時にぴったりだと思いました。

案外あっさりと完食。サイドメニューはつけなかったけれど、サラダがあったら完璧だったかも。

Madcow Burger でのお会計

FatCowバーガー:350バーツ
MadCowバーガー:250バーツ
水:30バーツ
=============================
合計:630バーツ

Madcow Burger by Toni Santos 店舗情報

所在地:39/1 ถนนสุขุมวิทKhwaeng Khlong Toei Nuea, Khet Watthana, Krung Thep Maha Nakhon 10110
最寄り駅:BTSスクンビット線アソーク駅(Asok)徒歩分
電話番号: 081 639 9251
営業時間:10時~22時
定休日:日曜日
Facebookページ:https://www.facebook.com/madcowburger
Google Maps:

おわりに

誰しもが周期的に訪れるであろう「ジャンキーなものが食べたい」衝動。
そんな時にはぜひこの「Madcow Burger by Toni Santosをおすすめしたいです。

バーガーのサイズ感はちょうどよくバンズやパティもこだわり抜かれているので、高い満足感を得られることでしょう。店名や店構えはだいぶ男前ですが、女性にもおすすめです。

お近くに行かれた際にはぜひ、Madcow Burgerのガッツリ系バーガーを召し上がってみてくださいね。

<Sponsored Link>

>>バンコク滞在記に戻る
>>タイ滞在記に戻る
>>HOMEに戻る