バンコク旧市街近く【マムアンショップとVL by Vee(ヴィーエルバイウィー) 】素敵なご夫婦のお店

こんにちは、nasupiです。

旧市街にほど近いポーンプラープ地区のカフェにてティータイムをしていた時、カフェの店員さんが私たちが日本人だとわかるとおもむろに1枚のカードを差し出してきました。

なになに?と見てみると…

マムアンショップのご案内!!

マムアンショップの方から日本人に見せるように頼まれたのか、ここまでご丁寧にご案内されたら行かない訳にはいかない!ってことで、お茶の後に訪れてみました。VL by Vee(ヴィーエルバイウィー)というアパレルショップも併設の、可愛らしいお店でしたよ。

<Sponsored Link>

ご夫婦で営む可愛らしいお店

以前ご紹介したポーンプラープ区のカフェEden’sの目と鼻の先にあるのが、今回ご紹介するマムアンショップVL by Vee(ヴィーエルバイウィー)

ゆるキャラであるマムアンちゃんのショップと婦人服アパレルVL by Vee(ヴィーエルバイウィー)、この2つがなぜ1つのお店になっているかというと、マムアンちゃんを描く漫画家タムくんと、VL by Veeのデザイナーであるウィーさんは、実はご夫婦

お店の左半分がマムアンちゃんスペースで、右半分がVL by Veeのスペースというふうに分かれています。

マムアンちゃんとは

マムアンとは、タイ語で「マンゴー」のこと。なんでも「髪型がマンゴーっぽい」からなんだとか。そう思って見てみれば、そうなのかも…。

こちらのマムアンちゃんを描くのが、タイ人漫画家であるウィスット・ポンニミットさん(通称:タムくん)。

私はタイに来るまでマムアンちゃんの存在は全く知らなかったのですが、結構日本のメディアなどでも取り上げられているのだとか。さらには2013年から毎年六本木ヒルズのギャラリーで展示を行っているそう。

タムくん曰く、「何も考えていない人を描きたい」というところからマムアンちゃんは生まれたとのこと。そのゆるさ加減が、日本のゆるキャラ文化にハマって人気を博したのかもしれないですね。

タムくんのホームページ:http://www.wisutponnimit.com

マムアンショップ

マムアンショップとVL by Vee(ヴィーエルバイウィー)、入り口は一応それぞれにありますが、中は完全につながっています。まずはマムアンちゃんゾーンから見ていくことに。

入り口近くにはマムアンちゃんとコップのフチ子さんコラボ?のガチャガチャがありました。

1回200バーツ(約700円)という金額をどう捉えるかはあなた次第。

そして店内でも目を引くのは、いつもマムアンちゃん漫画に添えられ妙に心に染み入ると人気の、hitokotoと呼ばれている言葉。
今回壁に飾られていたのは、こちら。

深イイ〜ですね。私も明日から、自分の自然を満足するぞ。

VL by Vee(ヴィーエルバイウィー)とは

こちらのブランドのデザイナーであるウィーさんは、日泰ハーフの方なのだそう。ブランドコンセプトは「リラックス&チャーミング」。

お店にディスプレイされている商品を眺めてみると、可愛らしい色づかいにゆったりとしたデザインで、どれも日本人が好みそうなツボをしっかりと押さえています。

フラッグシップ店であるこのバンコクのお店の他に、香港・日本に店舗展開しています。日本では、東京・神戸・大阪・福岡に複数店舗展開しており、日本での人気具合が推して量れますね。

VL by Vee ホームページ:http://www.vlbyvee.com

マムアンショップ・VL by Vee 店舗情報

所在地:1 Lan Luang Rd, Khwaeng Wat Sommanat, Khet Pom Prap Sattru Phai, Krung Thep Maha Nakhon 10100
電話番号: 090 981 1372
営業時間:11時~19時
定休日:月・火
Google Maps:

おわりに

ご夫婦でそれぞれの好きなことを仕事にし、さらに2人のお店を持つなんて、なんと素敵なご夫婦なのでしょう。とても憧れます。

私はマムアンちゃんはタイに来てから知り、VL by Veeはこのお店に来てから知りましたが、とても魅力溢れるアイテムが勢ぞろいでした。

お店にいるだけで何故だか癒される、そんな空間でしたので、近くに行かれた際にはぜひ訪れてみてくださいませ。

<Sponsored Link>

>>バンコク滞在記に戻る
>>タイ滞在記に戻る
>>HOMEに戻る