アーリー駅近のカオソーイ屋さん【Ong Tong Khao Soi】こってり濃厚スープが美味

こんにちは、nasupiです。

先日バンコクで仲良くしていただいているお友達に誘われ、アーリーへ行ってきました。

アーリーのカフェやランチ巡りをすることを「アーリーパトロール」というのですね!そんな言葉が生まれるほどに、アーリーにはオシャレなお店がたくさんあるということでしょう。

そんなわけで今回訪れたのは、北タイ名物料理「カオソーイ」がバンコクにいながらにして味わえるお店【Ong Tong Khao Soi】を訪れてみました。

<Sponsored Link>

カオソーイ専門店 Ong Tong Khao Soi(オントンカオソーイ)

カオソーイとは、ココナッツミルクをたっぷり使ったカレースープに、平たい茹で麺と上に乗せた揚げ麺を絡めていただく北タイの名物料理です。

こちらの【Ong Tong Khao Soi】は、タイ北部チェンマイ県にあるカオソーイの名店「Ong Tong Noodle」が満を持してバンコクにオープンしたお店とのこと。
そんなわけで味はお墨付き!2018年にはミシュラン・バンコクのビブグルマンにも選ばれたそうな。

アーリー駅から徒歩3分!Ong Tong Khao Soiへの行き方

お店は駅近。BTSスクンビット線アーリー駅徒歩3分です。

アーリー駅3番出口を出てサパーンクワイ駅方面に進み、左手に現れるパホンヨーティンsoi7を入ります。道端に並ぶ屋台を眺めつつ1〜2分歩くと、soi Ari1を過ぎたあたりに可愛らしいカフェのような佇まいの【Ong Tong Khao Soi】が見えてきます。

お店は2階建てですが、昼1時過ぎでも店内は混雑しており、数分待って2階席へと案内していただきました。

Ong Tong Khao Soiのメニュー

さすがはカオソーイ専門店ですので、具材はチキン、ポーク・ビーフ・牛すじの4種類から選べたり、スープあり・なしもチョイス可能。
サイドメニューも北タイならではのものがいくつかあるので、バンコクにいながらにしてしっかりと北タイ料理を味わえるお店です。

私たちは今回、スープありのチキンカオソーイを選んでみました。

待ち時間の間に店員さんがオーダーを取ってくれていたので、スムーズにカオソーイがやってきました。

濃厚なチキンカオソーイ

こちらがOng Tong Khao Soiのチキンカオソーイ(79B)。

スープは濃厚でこってり、それに加えややスパイシーなので、汗をかきながら水を飲みながらいただきます。ちなみに可愛いオリジナルボトルのお水は20B。

カオソーイの見た目は少なそうに見えますが、スープの下に麺が結構ずっしりと入っていますし、ゴロンとしたチキンもボリュームがあります。

食べ終えた後はかなりの満足感。濃い味好きさんにおすすめです。

ちなみにですが白い服を着ている方、カオソーイを食べる際には細心の注意を払いましょう。下ろしたての白いブラウスにカレースープを撒き散らし、何食わぬ顔でアーリーパトロールを敢行したのは、何を隠そうこの私。

Ong Tong Khao Soi 店舗情報

所在地:17 Phahonyothin Soi 7, Khwaeng Samsen Nai, Khet Phaya Thai, Krung Thep Maha Nakhon 10400
最寄り駅:BTSスクンビット線 アーリー駅(Ari)徒歩3分
電話番号: 02 003 5254
営業時間:土曜日10:30~20:30
定休日:なし
Facebookページ:https://facebook.com/ongtongkhaosoi/
Google Maps:

おわりに

タイ料理はどれも美味しく大好きですが、特にカオソーイは周期的に食べたくなる、中毒性のある料理です。

そんなカオソーイをバンコクでいただけるとは嬉しい。次回Ong Tong Khao Soiに来たら、スープなしのカオソーイやサイドメニューにも挑戦してみたいな。

そして、バンコクで美味しいカオソーイを味わいたい方にはバンジャークにある「Nomsensingha」もおすすめです。
よろしければ、こちらの記事も併せてご覧くださいませ。
バンコクでカオソーイ食べるなら「ノムセンシンハー」

<Sponsored Link>

>>バンコク滞在記に戻る
>>タイ滞在記に戻る
>>HOMEに戻る