バンコク旧市街近くのカフェ【The Oqposite】屋内なのに木陰でひと休み!?居心地◎の癒し空間

こんにちは、nasupiです。

バンコク旧市街の東に位置する「ポーンプラープ区」には、ローカルな街並みの中に突然可愛らしいカフェやレストランがあって散策が楽しい場所です。

そんなポーンプラープ区で今回訪れたのは【The Oqposite】という一軒家カフェ。ひっそりと佇んでいますが、中に入るととっても素敵な空間が広がっていました。

<Sponsored Link>

ポーンプラープ区のカフェ「The Oqposite」

ローカル感溢れる道を歩いていると突然現れるシックでセンスの良い看板。

導かれるままに進むと、ガラス張りの可愛らしい建物が現れました。こちらが今回ご紹介するThe Oqpositeです。

グリーンが美しく植えられたテラス席もおしゃれなのですが、太陽サンサンな午後の昼下がりでしたので、クーラーの効いた店内へと急ぎます。

屋内なのに木陰でひと休み!?

店内に入りまず目を引いたのが、大きな木がそびえ立っていること。ここは屋内なのですが、まるで公園の木陰で涼んでいるような感覚。とてもインパクトがあるし、癒し効果も抜群です。

ふと上を見ると2階席もあるようなので行ってみると、こちらはまるで木の上のツリーハウスにいるかような空間。

幼い頃に憧れた秘密基地に来たような気分でとてもワクワクします。

2階席のテラス部分も良さげな雰囲気。日中は暑いけど、夕方や夜は居心地がとっても良さそうです。自分の家にもこんなテラス欲しいわぁ。

今回私たちは1階席で軽食を取ることに。

ドリンク・フードも美味

オーダーはレジにて先払い。私もお友達も、フルーツスムージーをオーダーしてみました。

私の選んだハニーパッションフルーツスムージーには固形のはちみつがのっており、ねっとり美味しかったです。

お友達のライチスムージーも、そのまんまライチ!というくらい濃厚なお味でとっても美味でした。次回来店したらこのライチスムージー頼むかも。

そしてフードもいろいろな種類がありましたが、今回選んだのがケサディーヤ(だったかな?)と、チーズほうれん草のパイ包み(名前失念)。

特にパイ包みが熱々で美味しかった〜!!

The Oqposite でのお会計

LULU LYCHEE:120バーツ
PASSION HONEY:180バーツ
SOFT ROTI WITH SPINACH CREAM SAUSE:180バーツ
Quesadilla:190バーツ
=============================
合計:670バーツ

The Oqposite 店舗情報

所在地:68 Phaniang Rd, Khwaeng Wat Sommanat, Khet Pom Prap Sattru Phai, Krung Thep Maha Nakhon 10100
電話番号: 089 523 9824
営業時間:9:30~20:00
定休日:火曜日
HP:http://theoqposite.com
Google Maps:

おわりに

こちらのThe Oqpositeはドリンクの種類が本当に豊富で、飲み物を決めるまでに相当迷ってしまいました。私たちのオーダーしたフルーツスムージーはどちらもとても美味しかったので、旧市街散策の後に喉を潤しに訪れるのもオススメです。

フードもご飯物やパスタなど、しっかり食べられるメニューがあったのでランチ利用にも使えそうですね。

お近くに行かれた際には、ぜひ木陰でひと休みしにこのThe Oqpositeを訪れてみてくださいませ。

<Sponsored Link>

>>バンコク滞在記に戻る
>>タイ滞在記に戻る
>>HOMEに戻る