バンコクで温泉に入りたいなら【湯の森温泉&スパ】日本を感じる寛ぎのひととき

こんにちは、nasupiです。

海外生活が長くなってくると、時折無性に日本が恋しくなったりします。
あー。温泉旅行に行きたいなー。

そんな時、ふと思い出した「バンコクに温泉あったような気がする」

去年のソンクラーン(水かけ祭り)参戦でずぶ濡れになった後、ちょこっと温泉を探したことがあったのです(その時は結局行かなかったけれど)。

改めて調べてみると、温泉施設がバンコク内に数軒ありました。その中でも今回は本格的な温泉っぽい雰囲気のある【湯の森温泉&スパ】へ行ってみることに。

本格温泉とスパで癒された、極上時間でありました〜。

<Sponsored Link>

Soi24の奥に佇む【湯の森温泉&スパ】

彼に「湯の森温泉行きたい!」というと快くOK。実は以前彼はパタヤの湯の森温泉に行った経験があり、かなり気持ちよかったとのこと。

こちらは日帰り温泉となっており、朝9時から0時までオープン。フライト前にひとっ風呂浴びたいときにも良さそうです。

私たちは途中用事があったので自宅から近くまでタクシーで行きましたが、スクンビットから行くならSoi24をラマ4にぶつかるまでひたすらまっすぐ進むと着きます。徒歩だと約15分、車で5分ほど。

MRTクイーンシリキッドナショナルコンベンションセンター駅からは徒歩約12分。

まずは受付・支払い

事前にWebで予約をしていたので、受付にて名前を告げ、総額をこの時お支払い。
今回私たちはマッサージも予約していたので、2人で4000B(≒14000円)ほど。温泉利用だけなら450B(≒1575円)で利用できるようです。
その後ロッカーの鍵を受け取ります。

靴を預かってもらい草履に履き替え、スタッフの案内のもといざ温泉へ。

温泉入口にて浴衣を選ぶ

温泉の入口にて、好きな柄の浴衣・帯を選びます。
サイズ展開あり、私はM、彼はLを選びましたが、彼の浴衣姿が可哀想なほどつんつるてん。笑

湯の森さん、できたら今後、迷えるファランのためにぜひXLを準備してあげてください。笑

温泉では布パンツとベアトップを着用

温泉へは裸で入ってもいいのですが、渡されたタオルの間に布パンツと布ベアトップが挟まっているので、それを着用してもOK。

OKというか、女性のほうは皆さん着用されていたので、裸だとかえって悪目立ちしそう。残念ながらナイスバディでもない私が見せびらかすものは何もないので、しっかり着用しました。

男性のほうの様子を聞くと、そもそも布パンツが渡されなかったのでフ●チン率は100%。ちなみに以前彼がパタヤの湯の森に行った際は布パンツが渡されたので、そこでのフル●ン率は50%ほどだったと。ご参考までに。笑

極楽の温泉へ

入ってびっくり。まさに日本の温泉がここにありました。
温泉の種類も沢山。ジャグジーや、外には露天風呂に1人用の檜風呂。温泉はカンチャナブリの源泉から運んできたというものもありましたよ。

露天風呂に関して、日本では露天エリアに行くと肌寒い空気に濡れた肌が触れ、さむさむ…と言いながら温かい温泉に浸かってリラックス。という感じでしょうが、ここタイでは外気温も30度越え。露天風呂のありがたみがちょっぴり薄れてしまうような気が。笑

スチームサウナや水風呂もあり、あちこちの温泉にホッピングしながらマッサージの時間まで存分に楽しみました。

ちなみに女性側の利用客はタイ人と中国人が多かったように思います。男性側は日本人が圧倒的に多かったと。

一番人気の温泉は、中央にあるぬる〜い温泉でした。暑い国では熱いお風呂にはなかなか入らないでしょうからね。

リラクゼーションルームや牛乳も

ここがタイということを忘れるほどに、湯の森では日本の温泉感がいたるところに散りばめられています。

リクライニングシートでお休みできるリラクゼーションルームでは多くの人がお昼寝を楽しんでいました。

そしてこちらのカフェテリアには、温泉のお約束「牛乳」があります。風呂上がりの一杯!がここタイでも叶ってしまいます。素晴らしいですね。

ロビーに戻りスパルームのある2階へ

マッサージの予約時間10分前にロビーに戻るように言われたので、それに合わせて支度をします。

ロビーに座っていると名前を確認され、マッサージ前のアンケートとオイル選びをしました。オイルは3種類、リラックス・エナジー・バランスがありました。私は甘めな香りのエナジーを、彼はラベンダーぽい香りのリラックスをチョイス。

その後受付横の2階へ上がる階段から施術部屋まで案内され、着替えののちマッサージスタート。

極上の2時間マッサージを受ける

今回のマッサージメニューは

・アロママッサージ90分
・ハーブボールマッサージ30分

の2本立てでした。

やはりこのような高級スパは、街スパとは違って選び抜かれたセラピストさんなのでしょう、かなり上手で気持ちよかったです。

あっという間の90分が終了し、お次はハーブボール。これがちょっと、温度調節の具合がハマらず、熱い思いを何度もしてリラックスできませんでした。ヤケドするかと思った…(T_T)動かし方もせわしない感じ。そう指導されているのかな?ハーブボールマッサージは断然、以前のオアシススパの方が気持ちよかったという結果となりました。

でも総合的にはかなり満足度の高い2時間でした^^温泉後のマッサージなんて至福〜。
浴衣とロッカーの鍵はセラピストさんに渡すので、マッサージ終了後はそのまま帰途へ着きました。

マッサージ後に温泉へは戻れないシステムですが、マッサージルームにシャワーが付いているので、ご希望ならオイルを落として帰ることができます。

湯の森温泉&スパ 店舗情報

所在地:120/5 Sukhumvit 26 Alley, Khwaeng Khlong Tan, Khet Khlong Toei, Krung Thep Maha Nakhon 10110
電話番号: 02 259 5778
営業時間:9時~0時
定休日:なし
HP:https://www.yunomorionsen.com/jp/bangkok/(日本語)
Google Maps:

おわりに

フワ〜、温泉もマッサージも気持ちよかった。これ定期的に来ちゃう!!

異国の地で日本を感じられる時間はかなりの癒しです。温泉って、イイね。

でも願わくば、雪景色を眺めながら露天風呂に入りたい。湯の森温泉の建物から出てモワンとした空気に触れた瞬間、そう思ったのでした。

日本人にとってのバンコクでのオアシス【湯の森温泉&スパ】、まだ行かれたことのない方は、おすすめですので一度訪れてみてくださいませ^^

<Sponsored Link>

>>バンコク滞在記に戻る
>>タイ滞在記に戻る
>>HOMEに戻る