ラヨーンのシーフードレストラン【Krua Pa Aew】@レームメーピンビーチ

ご覧いただきありがとうございます、nasupiです。

先日、バンコクから車で2時間半ほど南下した場所にある「レームメーピン」というビーチタウンへタイ国内旅行をしてまいりました。

レームメーピンは海沿いの街なだけあり、シーフードが美味しいと評判です。

ビーチ沿いにシーフード店が連なっているエリアがあり、私たちもいくつかのお店にトライしました。

今回は、レームメーピンに到着して初めて訪れたシーフードレストラン

【Krua Pa Aew】

について書いていこうと思います^^

<Sponsored Link>

シーフードレストラン【Krua Pa Aew】

こちらのKrua Pa Aewは、ビーチ沿いに連なるレストランエリアの西側の一番端っこに位置するお店。

特に前評判を聞いていたわけではないけれど、ざっと見た感じ一番お客さんが入っていたのでここに決めました(上の写真は食後のものなので誰もいなくなっちゃってますが笑)。

オープンな作りの店内には、海の風が吹き抜けてなんとも心地よい。

お店の前には活きの良い魚介たちが並べられています。

注文が入るとここから生きた魚介を取り出して調理…と、生々しい食物連鎖を目の当たりにします。
こうして自然界に物質とエネルギーが循環するのですね。

話がなんだか大きく逸れましたが、こちらのKrua Pa Aewはビーチの真正面に面していますので、贅沢なオーシャンフロントビューが望めます。

今回私たちは夜訪れたので、海はほぼ見えませんでしたが、潮騒の音が常に聞こえるので、ビーチタウンにきたな〜と気分が盛り上がります。

新鮮な魚介が自慢のシーフードメニュー

メニューには英語も書かれていますし、店員さんも英語が少し話せるので安心です。

どれも食欲をそそる魅力的なメニューばかりでしたが、今回私たちが選んだメニューは以下の通り。

シーフードチャーハン

こちら、S/M/Lとサイズがある中のMサイズです。写真では伝わりにくいのですが、かなりデカい!2人で食べ切れるかなぁと一抹の不安を覚えるほど(結局ちょっと無理して完食しました)。

なんといってもこのチャーハン、魚介がプリップリ。

そしてご覧ください、エビがゴロゴロと大きく、そして贅沢にたくさん入っています。

とても食べ応えのあるチャーハンです。

オイスターオムレツ

メニューの写真がとても美味しそうだったので、オイスターオムレツにも挑戦。

オイスターは小粒ながらもこれでもかという程の数が入れられているので、高い満足感を得られる一皿。

添えられているシラチャソースとも相性抜群です。

カニのカレー炒め

表の水槽で動いていたカニが気になったので、カニの一皿も挑戦してみようとこちらを注文してみました。

濃厚な味が美味!なのですが、いかんせん食べづらい…。ほじくると意外と身が詰まっているので、夫婦揃って無言で懸命にカニの身をほじくるバケーション初日の夜。

美しく食べることは不可能なので、「こりゃデートにカニは食べに行けないね〜」と夫に話したら「今はデートじゃないの…?」と寂しげ。そうか、これはデートだったのか。

そんな感じで、美味しくいただいた後のテーブルの上には、カニの残骸がきったなく散らかっているというデートでした。

Krua Pa Aew 店舗情報

所在地:เลขที่ 129 Kram, Klaeng District, Rayong 21190
電話番号: +66982745196
Google Maps:

おわりに

このレストランのあるエリア一帯は同じようなシーフードレストランが連なっているので、どこに行けば良いか迷ってしまいます。

正直こちらのお店もふらっと入ったところではあるのですが、お客さんがたくさん入っていただけあってどれも美味しかったです。お腹も大満足。

そして店員さんがとてもフレンドリー!色々気にかけてくれてサービスも良かったです。

ひとつ言うとすれば、夜のビーチレストランは眺望が楽しめないので、ランチやサンセットの時間帯に行く方がもっと素敵な時間を過ごせるのかなと感じました。

<Sponsored Link>

>>ラヨーン旅行記へ戻る
>>タイ滞在記に戻る
>>HOMEに戻る